薫のよもやま話

森山かおる
市原市議会議員
重度障がいの息子を育てながら、一市民としての思いを
ありのままにお話しします

小湊鉄道の文化財ポスター

2017年05月18日 | 日記

今朝6時から五井駅で市民ネット通信を配布していたら、東口通路のポスターが一新してることに気づきました。

確かこれまでは市原市にあるお寺や仏像などの歴史文化財を、毎月3枚位づつ作成して追加して並べていたと思うのです。

それが全部一斉に変わっていました。

5月2日に国登録有形文化財に登録された小湊鉄道駅舎群等のポスターがずらり!

これは一部で、通路いっぱいに並んでいます。

 

開業当初からの駅舎のうちの一つで、大正14年ごろに建設された「馬立駅本屋」

 

これも開業当初に造られた、上総山田駅と光風台駅の間にある全長95mの「第一養老川橋梁」

 

橋梁26か所のうち、小規模な「第一柴の下橋梁」「第二柴の下橋梁」で側面図と断面図が記載されています。

100年前の図面ですよ!!! 図面好きな私にはたまりません!

通信を配布しなきゃいけないのに、見たくて仕方ありませんでした。

100年前の開業当時の小湊鉄道の姿を、この通路で見れます。

このポスターを見に行くだけでも一見の価値あり!です。

五井駅を利用される時は、30分前に行って是非ご覧になって下さい。私も時間をとって見に行かなきゃ~!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット通信のポスティング | トップ | 1日かぎりの手作り遊園地「こ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL