薫のよもやま話

森山かおる
市原市議会議員
重度障がいの息子を育てながら、一市民としての思いを
ありのままにお話しします

いちはら市民ネットワークの総会

2018年02月03日 | 障がい

今日の午後は、いちはら市民ネットワークの総会が行われました。

桑田代表の挨拶から始まり、駆けつけて下さった来賓の方からもお言葉をいただきました。

こちらは、きさらづ市民ネットワークの市議会議員・田中紀子さん。とても勉強熱心で、明るく優しいお人柄です。

議事は滞りなく承認された後は、第2部の講演会。

今回の講演は「福祉現場からのメッセージ ~やまゆり園の事件はなぜ起きたか~」と題して、社会福祉法人みずき福祉会理事長の阿部美樹雄さんに話していただきました。

そもそも障害をどう捉えるか。アメリカのマーサス・ヴィンヤード島は血縁結婚が繰り返されたために聴覚障害者が多かったが、300年に渡って健常者がごく普通に手話を覚えてコミュニケーションができたので、聴覚障害がハンディキャップではなかった。つまり、障害とは受け止める社会が作るものでもある。

そして、高齢になれば障害者になることもある。脳梗塞で半身麻痺、言語障害が残ることもある。誰もが障害者になる可能性があり、弱者になっても安心して生きられる社会を誰もが意識しなければならない。生産性が人の価値を決めるものではないのです。

悲惨な事件を起こした犯人の心の闇には優生思想があり、そんな考えは犯人だけがもつものではなく、まだまだ日本には根強く残っていると、阿部さん。

私が息子の介護をしていて感じるのは、笑顔を向けてくれることで報われる。そしてその時に幸せだと感じる。でも、愛情を注がなければ笑顔を向けてはくれないのです。こっちがイライラしていると息子も不機嫌になる。

それは施設で介護している人も同じ。利用者が笑顔を見せてくれることで、自分が認められた気持ちになり仕事に対して満足感を得られる。つまり、良い福祉を提供することが自分の幸せに結びつくという言葉に、大きく頷いてしまいました。

なんだかまとまらない文章で申し訳ないのですが、福祉の現場にいる阿部さんの言葉は私が常日頃思っていることと一致することが多く、障害者や高齢者を弱者にしない社会を作らないといけません。

障害者は可哀そう、気の毒、社会の役に立たない。それは、そんな風にしか感じられない人が思う事。

うちの息子は最重度の障害者だけど、私、幸せだよ~! この思いをもっと伝えたいと思った講演会でした。

 


この記事をはてなブックマークに追加

市民ネット通信の編集作業中

2018年01月09日 | 日記

4日から仕事がスタートしました。

桑田代表、山本県議、小沢市議と私の4人で、まずは新年の記念撮影。

今日はネット通信の編集会議に没頭。

毎回、分かりやすい議会報告に悪戦苦闘する私ですが、ナント今回は修正の赤ペン入らずの快挙!帰省中の大阪で原稿書きに格闘した甲斐がありました。

ネット通信は議員だけで作るのではなく、事務局のスタッフも加わって市民目線で文章をチェックするのは、議会で通用する用語を分かりやすく伝えるためです。

「ここは図で表したほうが文章よりも分かるよね~」「この言葉の意味が分かりづらい」と、意見が飛び交いました。

編集会議を何度も重ねてネット通信を作成していきます。

こんな過程がある事を知っていただいて、読んでもらえると嬉しいです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

2018年を迎えて

2018年01月01日 | 日記

明けましておめでとうございます。

年末に大阪から岡山に移動し、新年を夫の実家で迎えています。

89歳と84歳の義父母が元気でいてくれることは、本当に有り難いですね〜。

長男、次男がそれぞれ家族を連れて集まるのを、いつも楽しみにしてくれているのです。

大晦日は8人でワイワイと紅白歌合戦を見ながら盛り上がり、元旦は祖母の愛情こもったお雑煮をいただきました。

息子も大満足!

次の帰省は、ゴールデンウィークになるかな?

明日は岡山を出発して、市原市に戻ります。

2018年が皆さまにとって良い年になりますように❗️

 


この記事をはてなブックマークに追加

息子、制御不能!

2017年12月27日 | 障がい

大阪の実家(河内長野市)まで570キロあるので夫と運転を交替しながら帰ってきましたが、週明けには夫は仕事のために千葉にトンボ帰り。

息子は私と二人きりになると、制御不能!

食事の時間になり車椅子に座らせようとしても体を突っ張って抱き上げることもできない。なんとか頑張って座らせても食べてくれない。歯磨きも拒否、着替えも抵抗!

あー、全く!とため息がもれます。

息子はずっと寝ころんだまま、大好きな「かいけつゾロリ」のDVDを見て一日が終わりかけた頃、プレ療育で一緒だったママ友がフェイスブックで私が帰省していることを知って訪ねてきてくれました。

いやー、十数年ぶりの再会!SNSって便利やなーと、しみじみ。

明日は年末恒例の支援学級ママ友との交流会に、息子を連れて行きます。

きっと爆笑トークになるでしょう。

これは個別配布されている河内長野市の広報紙。A4版で33ページ、やっぱり読み応えありました。

千葉市も新聞折り込みをやめて、個別配布に切り替えましたよね。

市原市でも取り組んでほしい!

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

関西お笑いDNAをもつ息子

2017年12月25日 | 日記

先週末からお休みをいただいて、大阪に帰省しています。

両親は他界し留守宅になっているので、まずは家の掃除から始まり、ご近所へのご挨拶。

毎回「お帰り~」と出迎えてもらえることが幸せです。

庭にある柚子は今年も豊作。水やりもせず、ほったらかしなのに、実が成るもんなんですね。住んでいた時に、あれだけ水やりをしていたのは何だったのか?植木も枯れずに頑張っている姿を見て驚きです。

今日の午後は数年ぶりに家の前にある寺が池公園を散歩。

公園には池があって四季を感じる遊歩道があります。

ここはクリスマスシーズンになるとイルミネーションがステキです。

夕方からは息子が通っていた小中学校の支援学級のお友達とお母さん方が、訪ねて来てくれました。

会話の端々にボケとツッコミがあって、面白い!ごく普通の会話なんですが、大阪から離れると改めてノリの良い会話に感心してしまった私。

知的重度の息子も笑う、笑う。言葉の理解じゃなくて、雰囲気なんでしょうか。

いや、微妙な所で笑うのは、やっぱり関西のお笑いDNAか?

楽しく笑ったおかげか、皆が帰った後、すぐに眠ってしまいました。

笑いの力はスゴイ!

 


この記事をはてなブックマークに追加

障がいのこと、聞いてほしい!知ってほしい!

2017年12月17日 | 障がい

12月議会が閉会しました。

閉会後は議員研修会があり、リオのパラリンピックで6位入賞された秦由加子さんをお招きして「障がいをもつということ~人生を変えたパラリンピック」と題して講演していただきました。

13歳で骨肉腫を発症し、右足を切断した秦さん。以前にもお話を聞いたことがあったのですが、本当に前向きな方でその明るさには魅了されます。

講演の最後に話された「心のバリアフリー」が、とても印象に残りました。

お風呂が好きで街の銭湯を利用すされるそうなんですが、脱衣場で義足を外して片足でピョンピョン跳んで入りに行くと、子ども達が集まって来てじっと見る。その時に親が慌てて子どもに見ないように注意する場面に遭遇し、せっかく興味をもって知りたいと思っているのに、それを遮らないでと、秦さん。

海外に行っても子ども達から珍しそうにじっと見られるけれど、その時に親が子どもにちゃんと説明したり、子どもが知りたいと言ってるのでお話し聞かせてもらえませんかと、声をかけてくるんだそうです。

私も息子を連れて外出すると、子ども達からじっと見られることはしょっちゅう。でも、こんな子もいるんだよって知ってほしいから外に連れて出しているんです。

聞いてくれたら何でも答えるんだけど、親が子どもを連行するかの如く連れ去るのが一番悲しい。

ところが海外旅行に連れていくと、ホテルのスタッフは気軽に息子に声をかけてくれるし、バスに乗車する時には乗客が手伝ってくれることもありました。

この文化の違いって、何なんでしょうかね。

ちゃんと説明したら子どもは理解できる。理解する子どもが増えれば、義足をつけた子が学校に入学しても隠さず堂々と過ごせる。そんな社会であってほしいという思いがこもった講演でした。

私も秦さんと同じ思いです。障がいをタブー視せず、気軽に声をかけてくれると嬉しいな~。

 


この記事をはてなブックマークに追加

12月議会、

2017年12月11日 | 障がい

一カ月間ぶりのブログ更新です。

12月の議会はすでに始まっており、私の登壇日も近づいてきました。

14日なのですが、この日は一般質問の前に常任委員会とH28年度の決算審査の報告、討論、採決があります。

これらが30分で終われば、私の登壇は3番目なので11時30分からになりますが、長引けば13時スタートです。

今回の質問は、

1.医療的ケアを必要とする障がい児・者と、その家族への支援について

2・「インクルーシブ教育システム」の構築について

ウチの息子も医療的ケアが必要なので、この分野に関しては相当な想いがあります。障がい児者の支援は進んできているけど、医療的ケアが必要な障がい児者の受け皿や家族の支援はまだまだ足りない!

それと、「インクルーシブ教育システム」なんて言葉を使っていますが、要は障がいがあっても地域の学校で健常児と学び合うことの大切さを言いたいんです。

ようやく質問原稿の作成が終わり、今日は残っていた市民ネット通信のポスティングをしてきました。

途中のランチタイムは、揚げ出しそば。

お店で豆腐を揚げているので、表面はカリッとしていて内はしっとり。

満腹してから、またポスティング。

風が強い1日でしたが、良い運動になりました!

 


この記事をはてなブックマークに追加

飯沼で「まちづくりの集い」 

2017年11月11日 | 日記

市民ネットワークは、地域に出向いて住民の声を聞く「まちづくりの集い」を開催しています。

昨日は私の地元、飯沼での開催でした。これまでの地域では参加者の多くが男性でしたが、なんと飯沼では女性オンリー! 

飯沼には毎月1回女性が集まって昼食を共にしながら様々な活動をする「たんぽぽの会」というのがあって、そのメンバーの方がたくさん参加してくださいました。外に出ると元気になれる、人と会ってしゃべることが楽しく、それが元気を保つ秘訣になっていると話されておられたのが印象的でした。

女性はやっぱり集いの場を求めているんですね。事務所で開催している「おしゃべり介護喫茶」でも、同じような声があがっているんです。

市では来年度から、高齢者が地域で人と触れ合える「通いの場」の支援をするようですが、どんな形になるのか気になる所です。

それと飯沼の大きな課題は公共交通。バスの減便で今年からは1日にたった1便になってしまい、車を運転できなくなったら通院も買い物もできなくなるという不安の声。これは市街化区域が飛び地になっている市全体の問題でもあります。

以前ブログにも書きましたが、交通空白地域で地域住民が運営するコミュニティバスにも限界があると思うんですよね。デマンドタクシーは自宅から病院や支所、駅などに限られてしまい、病院から支所に寄って自宅に帰るということには使えないのです。これ、本当にどうにかしなければ!という思いに駆られました。

また今回は子育て中の若いママさんが参加して下さり、子どもを取り巻く環境や学力についてシビアな意見を伺いました。

コンビナートの発展と共に栄えてきた市原市は男性主導のまちづくりであったと思います。そのためか、近隣市に比べて若い女性の流入が少ないことが課題になっています。

子どもを産み育てたいと思えるような魅力をどう打ち出していくのか。市の将来のカギを握っているのは女性といっても過言ではありません。

「まちづくりの集い」に、女性の参加をお待ちしています。 

 


この記事をはてなブックマークに追加

常任委員会の視察、尾道市

2017年11月05日 | 日記

経済環境常任委員会の視察1日目は広島県尾道市の観光協会を訪れ、サイクリングツーリズムを中心に話を伺いました。

尾道の観光協会には旅行業取り扱いに必要な国家資格保持者がいて「おのなび旅行者」を経営し、募集型企画旅行や受注型企画事業、手配旅行、JRチケットなどの取り扱いを行っています。

職員は9名で、添乗業務に必要な資格を全員がもち、そのうち4名は英語対応可能。その他にサイクリングインストラクター4名、ノルディックウオーキングインストラクター5名など、9名の職員が複数の資格をもっているのです。

尾道から島々を経由して四国の今治までつながる瀬戸内しまなみ海道。これは有料道路なんですが徒歩でも自転車でも通行可能なので、観光協会が企画したのが「しまなみサイクリングツアー」。

サイクリングインストラクターの資格をもつ職員もしくは、おのみちサイクリング協会にガイドを依頼して、しまなみ海道を案内して巡ります。これはオーダーメイド(受注型企画)なので、日帰りから数泊の宿泊を伴うものまでお客さんの希望に沿って企画するそうです。しかも英語対応もできるというからスゴイ!

このサイクリングツアーは世界7大サイクリングツアーとして、アメリカで報道され注目をあびているとか。

尾道の駅前には屋根付きの自転車組み立てスペースが設置されているし、自転車が故障した場合に備えて自転車店と連携した出張修理やタクシーによる搬送もできる「しまなみ島レスキュー」のHPもあり、チューブが買える自動販売機(24時間365日稼働)を4か所に設置するなどして、安心してサイクリングが楽しめる環境が作られていました。

サイクリングマップにはサイクリングコースの他に、こうした情報からシャワーや温泉施設、レンタサイクルの乗り捨て場(13か所)などが載っています。

パラリンピックのトライアスロン競技で入賞された市原市在住の秦由香子さんから、首都圏に住むパラアスリートは市原市内の農道を練習に使っていると聞いたことがあったのですが、どんな環境整備を求めておられるのか気になりました。

説明を聞いた後、観光協会の方と尾道のまち散策。

駅の向こうにそびえ立つお城は、なんと個人の所有!

坂の先には小学校。

 

こんな路地が、尾道らしいですね。

 

駅前の商店街には、お洒落な自転車屋さん。

尾道の観光協会は、バス・船・美術館・博物館・レンタサイクルの料金がセットになった周遊パスや、船とレンタサイクルがセットになったパス。カフェとスイーツを選びながら食べ歩くクーポン(1,000円)などにも取り組んでいます。

また、「お坊さんと巡る尾道七佛めぐり」(8,000円前後)では2kmに25あるお寺のうち7寺をお坊さんのガイドで巡るツアーが最近の人気商品になっているそうです。

機会があれば、もっとじっくり尾道を観光してみたいです。


この記事をはてなブックマークに追加

視察「シラハマ校舎」

2017年10月29日 | 日記

先日の視察の続きです。午後からは「シラハマ校舎」を視察しました。

3年前に南房総市白浜町にある旧長尾幼稚園と小学校の校舎のリノベーションを行い、シラハマ校舎を誕生させた合同会社WOULDの多田氏から話を伺いました。

多田氏は同町にあるホテルの社員寮のリノベーションを行い(白浜アパートメント)8年前にオープンさせておられ、その延長として、シラハマ校舎を手掛けられた。奥様が白浜町出身だとか。

シラハマ校舎には、会員制のシェアオフィス2室、オフィス10室、ゲストルーム2室、レストラン、シャワー室という構成になっています。

この廊下の横、つまり教室がオフィス。

こちらはレストラン。野菜やシーフードなどの食材は地元産。

天井を取っ払って、見せる配線にこだわったとか。

 

また2拠点生活として都心部の人が週末を利用して過ごせる場所を提供するため、校庭を21区画に分けて、無印良品が開発しグッドデザイン賞を受賞した小屋を建てられるようになっています。逆光で写真が暗くてスミマセン。

中はこんな感じ。(モデルルームより)

小屋は施工費込みで約350万円。区画には菜園が付いていて(管理は管理費用に含まれる)育てた作物を、レストランで調理することもできます。先のレストランの写真では見えませんが、奥に家庭科室の調理台とIHがあって、そこで調理できるようになっています。

都心から2~3時間で来られるので週末の住み家になる2拠点生活を打ち出し、「キャンプ以上、別荘以下」というリーズナブルな価格を売りにして現在10棟が売約済。購入者が30~50歳代なのは、高齢になるとトイレがついてないと・・・ということ。私、ギリギリか。

多田氏は「廃校のリノベーションの魅力は、すでにあるコミュニティに新たなコミュニティを発生させること」と語っておられ、地元住民に管理してもらい来訪者との交流を図ったり、ワークショップを開いて地元住民と来訪者のコミュニティ作りを図り、他にはない特徴を出したいと考えておられました。

もう一つ、他にはない特徴。1千万円もするアメリカの超高級電気自動車テスラの充電器が!

ここにテスラが止めてあるだけでも話題になるかも!

最後にゲストルーム。

こんなハリウッドミラーがついていて、ここに座れば私もハリウッド女優になれる!

宿泊料金は2名以上で一人5400円~というのも魅力です。

市原市南部にも廃校になった校舎があります。今後の利活用については都心部に近い利点を生かして、シラハマ校舎のようなコミュニティ作りにも役立つような活用ができればと感じました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

視察「道の駅 保田小学校」

2017年10月27日 | 日記

1期生の議員10名で、廃校になった校舎の利活用について視察してきました。

まず向かったのは、家族で何度か訪れたことがある鋸南町の「道の駅 保田小学校」。

鋸南町の人口は昭和25年16,500人をピークに減り続け、現在は8,500人。2060年には2,700~3,600人にまで落ち込むことが予測され、教育施設の再編計画(統廃合)に早くから取り組んでいました。

しかし、盛んだった農林漁業の減退に加え、学校の閉校により地域コミュニティの核を失った影響によって地区人口の減少傾向が加速してしまい、このままでは地域活力を失ってしまいかねないという危機感から「都市交流施設・道の駅 保田小学校」プロジェクトに取り組んだのです。

保田小学校はH26年3月で廃校になったのですが、プロジェクトが始まったのは廃校前のH24年度からというから驚きです。その理由は「使わなければドンドン老朽化してしまうからブランクをおかずに進めたかった」ということ。

それゆえに自主財源で施設の状態や商業施設としての検証など基本調査を行っています。先に方向性や企画を決めてから、見合う交付金がないかを探すという取り組み方に、行政の本気度が表れていますよね。

設計者の選定には全国から37応募があり、公開プレゼンテーションを行って、200人もの町民が集まったそうです。町の活性化にどんなアイデアが持ち込まれるのかを町民にも公開するということは、開かれた行政として見習うべきことです。

他にはない特徴を打ち出しているのが道の駅保田小学校。学校という1つの軸を大切にするコンセプトが随所に感じられました。

 

こちらは一階にあるレストラン。

 

校舎2階の教室のベランダを広げて作った通路には、学校の校章やかつて使っていた机と椅子。給食のコンテナなども置かれていました。

 

これは平均台。なんだか懐かしいですね。

 

この右側の教室は宿泊施設に変身。ロッカーや机は当時のままです。平日の稼働率は3割程度ですが週末は6割。夏休みになるとほぼ満室という人気。畳ベッドは奥よりも手前のベッドは低くなっていて、寝相の悪い子どもでも安心です。

こんな注意書きに、童心に返りますよね。

大部屋もあり普段は70人の宿泊が可能なのですが、災害時にはパーテーションで仕切って避難場所としての活用を考えています。太陽光発電や自家用発電もあり、炊き出しもできるような設備も整えています。

こちらは、かつての体育館。お土産や農産物などが並ぶ買い物スペース。

保田小学校のネーミング商品がズラリ。随分交渉されて商品化に至ったそうです。

H27年12月にオープンし、目標の年間来客数27万人を大幅に上回る60万人の来客数。年間売り上げの目標2億7千万円も半年でクリアし6億1千万という素晴らしい結果を、メディアに取り上げられ注目されてきたものだと冷静に分析し、もっと積極的にPRしなければ来客数は維持できないと自ら発信するフェイスブックを始められました。

市原市の廃校になった校舎の利活用について、鋸南町のように本気になって取り組まないと感じました。

午後から向かった「シラハマ校舎」は後日に報告させていただきます。


この記事をはてなブックマークに追加

町会長さんの苦悩を聞く

2017年10月13日 | 日記

10月は「市長と町会長で語ろう未来創生ミーティング」が市内11地区で開催されます。

今年も12日から始まり、今日は72町会が集まる五井地区のミーティングに出席してきました。

防災をテーマに、共助を進めていくために地域のコミュニケーション作りの重要性や防災訓練のあり方、地震・水害で異なる避難所の問題、災害時に対応するための名簿の管理など町会長さん達から意見をお聞きし、改めて防災に対する町会の役割の大きさを感じました。

そこで問題になってくるのが、町会未加入者のこと。

町会は加入者から集めたお金で水や食料などの備蓄品を用意しているのですが、避難してきた未加入者に対してもその備蓄品を提供すべきなのか。「あなたは町会費を払っていないから提供できません」なんて、人道的に言えない。加入率が低い町会は、そんな苦悩を抱えて抱えておられるのです。

町会に加入してもらうために、広報を充実させたり防災の取り組みをPRしたり、また町会に関心をもってもらうために楽しいイベントを仕掛けるなど、様々な工夫をされていることには頭が下がりました。

市は町会を「最大のパートナー」としてますが、町会は任意団体です。

自助・共助が9割、公助は1割と言われていますが、共助を担う町会に対して市はどんな支援ができるかをもっと考えなきゃいけないのではないでしょうか。

 


この記事をはてなブックマークに追加

祭りを支える青年たち

2017年10月08日 | 日記

議会が終わって、今日から市民ネット通信109号の編集会議が始まりました。いつもの事ながら悪戦苦闘する私。それでも最初の頃に比べると、修正の量は少しは減ったでしょうか・・・。

完成したら又ポスティングが始まるのですが、なんと前号のポスティングをまだ終えていないのです。

そこで今日の午前中に最後の50部を配布するために飯沼をまわると、こんな光景が!

春日大社の山車が出ていたんです。

例大祭が行われる11月5日に向けて、山車の整備をされているところでした。

椿の実を蒸して油をとり、それを山車の彫刻に塗っているんです。

写真撮って良いですか?と聞けば、どうぞどうぞと、青年たち。

恥ずかしながら例大祭を迎えるまでにこんな準備をされていることを始めて知り、当日の華やかなお祭りを支えて下さる姿に、感動してしまいました。

爽やかな秋晴れの日に出会った爽やかな青年たち。なんとも清々しい気持ちになりました。

 


この記事をはてなブックマークに追加

上総いちはら国府祭り

2017年10月01日 | 日記

市内最大のお祭り、上総いちはら国府祭りに行かれましたか? 

昨日は「練り踊り」に市議会議員会で出場。3年目になり、振り付けもようやく覚えられました。でも正直いうと、4曲のうちには出だしが分からないものも・・・。そこはテキトーにごまかしながら、周りに合わせる

カメラを向けられるとポーズしてしまう女性議員。左から、私、伊佐議員、小沢議員。

練り踊りには、市の職員も出場。中央は笑顔の小出市長です!

市のマスコットキャラクター、オッサくんも登場!

こちらは市民舞協会の方。さすがに皆さん揃っていて美しい踊り。

数回の休憩をいれながら、2時間踊りました~。この日は曇り空で、暑くもなく寒くもなく、踊るにはちょうど良いコンディションでした。

2日目の今日は家族ででかけました。12時スタートというのに、30分前に会場に到着したらスゴイ人、人、人にビックリ。屋台の前は行列ができていて、息子の車いすを押してると通れないくらい程。

いっぱい食べてから隣のショッピングセンターに設けられた会場に行くと、古武道「立身流」の居合と真剣の試し切りが行われていました。

いやー、迫力ある!

立身流は千葉県指定無形文化財です。室町時代から続く伝統を、来年はもっとたくさんの方に見てもらいたいですね。

2日間、多くの人出で賑わった「上総いちはら国府祭り」。29年度決算では、その費用対効果を笑顔で聞きたい!

 


この記事をはてなブックマークに追加

苦しかった、この一カ月

2017年09月29日 | 日記

8月31日から始まった議会は、28年度決算審査特別委員会が今日閉会となり、一カ月の長丁場がようやく終わりました。

代表質問、決算分科会の審査、そして今日の総括質疑と意見陳述。この一カ月、本当に苦しかった~。

体調が今一つで、数日前から心臓ドキドキ、頭はフリーズ状態。原稿が仕上がらず、もう登壇できないかも・・・と思うほどでした。

ストレスで現実逃避か?・・・いや、これって更年期障害かも。

こんな私の状態を見て、小沢さんには随分心配かけてしまいましたが、彼女にフリーズした私の頭の交通整理をしてもらったおかげで無事(?)登壇でき、全てを終えてホッと一息ついております。

週末はゆっくり体を休めたいところですが、明日から「上総いちはら国府祭り」が開催され、市原市議会は14時からの練踊りに参加します。

 

総勢1,000人が綱引きする「いちはら大綱引き」やハロインパレード、神輿の共演、ちばYOSAKOIなど、見どころ満載です。

更科公園には98もの出店があり、美味しいものが食べられますよ~!

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加