goo

Everyday a line / 3914







「ローリング・セオリー」
12.12.17-3914

いつしか人は自由が苦手な生き物になり、自由に考えたつもりの
世論というものは、上辺の流れに管理された、まったく考えていない
大多数の意見である。限定物には希少価値を気持悪いほど求めるが、
どうも多数決は正しい原理に導かず、定まれない常識だけが
いつまでも転がっていく。














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Everyday a li... Everyday a li... »