goo

Everyday a line / 3801







「スタディリー」
12.8.26-3801

情況は次々と移っていく。さっきまであった大きな雲も、ものの数分で
跡形も無く消えていく。朝と夜を寒暖ある季節を繰返し、止まぬ雨を
知っている恵まれた環境の下に我々は生きている。ちっぽけな人間である以上、
空は広いままである。短い時間の中で気長に考えるのはかなり難しいが、
焦りすぎず、少しずつ。














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Everyday a li... Everyday a li... »