智の庭

東京近郊の町で、庭の草木に季節の移ろいを感じる、
なにげない日常を描きたい。

龍の瞳

2017年05月18日 | 美味探求
食通Mお姉さんのご実家が「お米屋さん」で、跡を継がれた弟さんが、熱心に取り組んでいらっしゃる。

私は車で30分運転して、毎月、精米したての「龍の瞳」を購入している。

「龍の瞳」は、岐阜の農家が、田んぼに生えた突然変異の苗が、大変美味であるので、

これを大切に育てる生産先を選出して、気候条件がよく、有機栽培・減農薬の農家に限定しており、

ブランド力が下がらない工夫をしています。

「南魚沼」のお米も店頭にありますが、「龍の瞳」の方が、値は倍近く張ります。

我が家は、夫婦二人で1か月5kgほどしか、お米を消費しませんので、「良し」としています。

そして、たまに「南魚沼」や青森の「青天の霹靂」など少量の浮気買いをして、楽しんでいます。

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名脇役 | トップ | 捨てられる運命ですが・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。