智の庭

東京近郊の町で、庭の草木に季節の移ろいを感じる、
なにげない日常を描きたい。

ひと休み

2017年07月06日 | 日記
昨日で書道のかなの前期が終了し、夏休みを挟んで、9月の終わりに後期が再開されるまで、ひと休みです。

今日は「会社仕事」の日。税理士さんと保険屋さんの対応をしました。

頭痛がひどくなってきて、一眠り。

ようやく落ち着いて、久しぶりにブログに向き合います。

更年期的な頭痛など 自分の体調不良とも相談しながら日々の暮らしています。


来週から、日本画を習い始めます。

初めてです。楽しみです。

健康で長生きしたい、と欲が生まれました。

元気であれば、書も絵も、それなりの世界を表現できるようになるのではないか、と欲が出てきました。


日本画では、ひとつ目標があります。

我が家の和室の襖に絵を描くことです。

和室側の表には、早春から秋にかけて楓を、3枚に描き分け、

廊下側の裏には、拙宅の庭で咲く花々を、早春、春、初夏の3枚に映し入れます。

これは、私から夫への贈り物。


私たち夫婦には子供がおりません。

もし私が先に逝ったら、「オレは野垂れ死にを覚悟している」と夫が申します。

私は、夫にみじめな終わり方をして欲しくないので、今からできる手立てとして、

私の甥達との関係を築くことで、万一私が先の時の備えにしようと、心がけてはいますが、

私が夫を愛した証しとして、襖に、夫と私二人で作り上げた庭の、草木の風景を描き、

いつか、夫が独りになっても、その絵の中に、私を見出して慰めになれば、と願います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甥っ子のお誕生会 | トップ | 三つ子の魂 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです (ひろ)
2017-07-10 23:49:19
想い出を残すための絵、そのための日本画
素晴らしい目標ですね。
書をなさる方は皆さん筆の扱いに勢いがあって
とてもよい絵を描かれます。
いつまでも眺めていたくなるような襖絵が
完成するようお祈りしています。
完成したらブログにアップしてくださいませ。楽しみに・・・。
ひろさんへ (智の庭)
2017-07-20 22:41:54
お返事遅くなりまして、恐れ入ります。
いつも、温かい励ましをいただきまして、ありがとうございます。
少しずつ、描き進める毎日ですが、一日があっという間に過ぎていきます。
「少しずつ」がいいんですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。