智の庭

東京近郊の町で、庭の草木に季節の移ろいを感じる、
なにげない日常を描きたい。

プールの怪しい男たち

2017年04月19日 | 人間観察
これまた、プールで見かける「挙動不審な男」のお話です。


その男は、三十歳から四十前後か、痩せて筋肉も無く、猫背で薄い胸、背がひょろ長く、

色白の細長い顔に、度の厚いメガネの奥にある目の表情はない。

シャワーを浴び、プールに入ることもなく、温水ジャグジーにちょっと浸ったあと、

窓辺のベンチに座り、外をぼーっとみているが、

白い最小限サイズのビギニは濡れて肌が透け、坐した尻の、割れ目の奥深くまで見え、

実に「キモイ」のである。


怖い物見たさで、見たくもないが、ついつい、見てしまうが、前はギリギリ・・・

何度か観察する内に、法則を見つけ、

プールの係員が男性のときは、ベンチから窓際や壁際の端を通って、更衣室に消えていくが、

若い女性係員のときは、彼女の視界に否が応でも入る正面の中央を近づき、立ち去る。

私は密かに、彼を「露出魔」と呼んでいる。

女子中高の通学路に現れる、あの「露出狂」の男たちと言動や視線がよく似ている。


もう一人は、いつも温水ジャグジーの角で、黒いアイマスクで下界と遮断し

耳にイヤホーン(耳栓?)をつけ、痩せこけた体で、年齢不詳な若い男。

目はどこかギラついて、突然動きだし、プールを斜めに横切り、

他人の迷惑など、どこ吹く風、ぶつかりそうで危険なので、男性係員が警告を発するが、

止みそうもない。

こちらも、くわばら・・・くわばら・・・

難は避けたいものである・・・
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プールの主「ヌシ」 | トップ | 広告代理店でアルバイトする »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。