智の庭

東京近郊の町で、庭の草木に季節の移ろいを感じる、
なにげない日常を描きたい。

急性膵炎で入院したこと

2017年05月03日 | 健康、バレエ、水泳
結婚披露宴で着るドレスを決めて、ホテルの衣装室の扉を閉め、
廊下を歩きだした途端に、急に気分が悪くなり、その場でしゃがみこんで、
母に付き添われてトイレに入り、便座に腰かけたものの、
急に、激しい下痢と同時に嘔吐が襲ってきて、
手荷物の袋に向って、咄嗟に吐き出したが、納まるどころか、
左腰に激痛が走り、顔から血の気が引き、脂汗が止まらず、
便座に座る姿勢もつらくて、ペーパーホルダーに持たれ、
「痛い」と唸りながら、下痢と嘔吐を繰り返す娘の様子に、
母はただ事ではない、と衣装室に飛び込んで、ホテルに助けを求めました。

宴会担当の支配人が駆けつけて、同じ階の一室を手配して下さり、
婚約者に負ぶさり、部屋に入ったものの、全身汗でびっしょりと濡れ、
今度はがたがた震えが来て、寒気が止まらず、バスタオルを巻きつけ、
経験したこともない激痛に、もんどり打つしかなく、
母がひたすら左の腰をさすってくれ、少しは楽になるのですが、
短時間の激しい下痢と嘔吐と脂汗で、意識が薄れるのを感じました。

救急車を呼んで、慶応病院の救急外来に駆け込み、検査した結果、
急性膵炎で、即、入院となりました。
25歳の夏の終わり頃の話です。

検査の数値が悪く、3か月から半年の入院!、
絶対安静、下々もベッドでするように、と診断され、
「先生、それは、嫌です。トイレは自分で行きます」と言うと、
トイレ付の個室に入ることになりました。

原因は不明で、職場での疲労や心労が重なったからか、
男性は暴飲暴食が原因だったりするそうですが、女性に原因不明が多いそうです。

3日経つと数値が良くなり、「この分では、入院は1か月ぐらいか・・」
5日経つと、「1週間で退院していいです」と急に回復していきました。
退院後の食事について指導を受け、
3か月ぐらいは、肉、刺激あるカレー、脂っこい物を避けるように、
しばらくは魚と豆腐でタンパク質を摂っていました。

職場に復帰すると、上司たちは私に「お酒を強要」しなくなりました。

それまで、私は「飲めない」と断っても、上司たちは「練習すれば強くなる」
と無理強いして、私も場の雰囲気を壊さないよう、乾杯のビールは一口、
小さな50cc位のグラス一杯のビールを、2時間かけてチビリチビリ飲んで
翌日、だるくて、仕事にならない「2日酔い」で、トイレで居眠りしていました。
このようなことも遠因だった、と思います。

3年ほど無理が効かず、食べ合わせが悪いと「怪しい」症状に襲われましたが、
10年、20年、食生活も用心して、安定しております。

あのとき、母がさすり続けてくれたことで、痛みが軽減し助かりましたこと、
有りがたかったこと、想いだしました。


『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花咲か ばあさん | トップ | レゴで空想の家や町を作って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康、バレエ、水泳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。