桂木嶺(Ryo Katsuragi)の、音楽とおだやかな暮らし

On Paavo Järvi blogi fänn. パーヴォ・ヤルヴィさん、吉右衛門さんなどについて語ります。

日々雑感をお届けします(^_^)/

2017-07-11 01:38:37 | くらしのくふう

日々雑感をおとどけします。

私の日常は、いつも21時半くらいに就寝するのですが、夜中の12時にかならず目がさめ、FBやらブログやらの執筆タイムとなります。ひとしきり書き終わってから、また再び眠るという生活です。

マエストロ・パーヴォの祖国、エストニアはただいま日本との時差は6時間(サマータイムなので。本当は7時間だそうです)なので、いまは朝の7時13分ですね(^^) 
マエストロ・パーヴォ、おはようございます♪

英語でも投稿するようになってから、文章の構造がとてもかわりました。歌舞伎の劇評を書くにもすごく変化が訪れそうですね。

エストニア語もそのうちチャレンジしたいのですが、なにせ綴りがむずかしいので、四苦八苦しています。でも、エストニア国民のひとはほとんどが英語が理解できるそうなので、しばし甘えたいと思います。

きのうは義母がならっている書道の展示会に行きました。
義母はもうずいぶん長いこと書道を習っていますが、彼女の努力の甲斐があり、みごと優秀賞をとりました。これをもって書道展への出品を最後にしたいということでしたので、彼女の功績をたたえました。すばらしい義母です。

義母にも、パーヴォのことを話してみました。写真をみせたら、「なんて素敵なひとなの!(^^)私も一度彼の指揮をみてみたいわ」と申します。夫もずいぶんファンになりまして、「パーヴォのCDだったら僕のタブレットにも取り込んで毎日聴きたいくらいだね」と申しておりまして、私もうれしい限りです。
家族ぐるみで応援できれば、ベストなのでしょうね。

きょうの予定は、先々週から始めたフランス語の授業に行ってきます。お仲間も大変素敵な方が多くうれしい出会いに感謝しています。いずれは英語もちゃんと習いたいですね。昔一時期スカイプで習っていたのですが、今度は、「パーヴォにサイン会などでお会いしたときに、きちんと英語で感想をいいたい」という目標があるので、がんばれそうです。

パーヴォの応援をすることを通じて、私自身、この2週間でものすごく考え方が前向きになったし、今までの人生でつらいことがあったとしても、それはきっとパーヴォや彼の紡ぎだす素晴らしい音楽、心優しきみなさまとの出会いのための人生経験にすぎないと思えるようになりました。パーヴォにはどれだけ感謝しても感謝したりないくらいですね(^^)

クラシック音楽自体もすごく私の精神の安定に役に立っているようです。大変つよい興奮を呼び起こすパーヴォの演奏ですが、でも、歌舞伎はものすごく見ていて頭を使うのにくらべて、クラシック音楽は、すんなり五感をとぎすませて自然に楽しめるのがうれしい発見です。

特に、あまり自分では聴く機会のなかった、ブルックナー、シューマン、シューベルト、ブラームスなどの音楽を、パーヴォを通して聴くことが増え、その豊潤な旋律の美しさに驚嘆するのみです。またそれぞれの作曲家の人生をまなぶことで、人生のいろいろな苦難も乗り越えられそうな気がします。

たくさんの勇気と人生のエッセンスをくれた、パーヴォに心から感謝します!

 

I would like to stay on the essey days.

My daily life is always going to bed at 21, but I woke up at 12 in the middle of the night, and it's time to write on fb and blog. It is a life to sleep again after a blue streak.

Maestro Paavo's homeland, Estonia is now a 6-hour delay in Japan. Actually, it's been 7 hours, so now it's 7 in the morning ^^)
Maestro Paavo, good morning ♪

The structure of the sentence has been very much changed since it was written in English. It is also a very change to write reviews on kabuki.

I'd like to try the estonian language, but I have a lot of trouble. But the majority of the estonian people would be able to understand English, so I would like to take it for a while.

Yesterday, my mother-in-law went to the exhibition of calligraphy.
My Mother-in-law has been learning a long time, but she has a good deal of her effort. This was the last time I wanted to make a listing to the calligraphy exhibition, so i praised her for her achievement. It's a wonderful mother-in-law.

In my mother-in-law, I tried to tell you about Paavo. If you show me the picture, I would like to see him once ^^ My husband had a lot of fans, and he said, " I would like to listen to my tablet every day, and I would like to listen to you every day,"
If you can support the family, you're the best.

Today's schedule is going to the French class that I started in the week. My companion is very nice to meet you. Thank you for meeting. I'd like to learn English. I used to learn how to use skype for a while, but now I have a goal that I would like to think about it in English when I met him at the autograph session.

Through the support of Paavo, I myself had a positive idea in the last two weeks, and even if it had been hard in my life, it would certainly be a wonderful music of Paavo and his spinning. And it seemed to me that it was only a life experience to meet you. Thank you for how much I appreciate Paavo and how much is it ^^)

The classical music itself seems to be very helpful in the stability of my mind. The performance of a very strong excitement is the play of Paavo, but it is a great pleasure that the classical music is to be able to enjoy the nature of all the senses.

In particular, it is only a surprise to hear the music of Schumann, Schubert, Schubert, and Brahms, and so on. He also felt that he was able to get through the life of his own composer, and he would be able to overcome all the hardships of life.

A lot of courage and the essence of life, thanks to Paavo!

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しばらく、パーヴォ関連記事... | トップ | パーヴォ、最新テレビ出演情... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む