桂木嶺(Ryo Katsuragi)の、音楽とおだやかな暮らし

On Paavo Järvi blogi fänn. パーヴォ・ヤルヴィさん、吉右衛門さんなどについて語ります。

マーラー交響曲第8番「一千人の交響曲」に思いをはせて。

2017-07-14 03:39:29 | 音楽

早く、CDにしていただけないかと思っています!
パーヴォ・ヤルヴィさん指揮、NHK交響楽団演奏の、マーラー 交響曲第8番「一千人の交響曲」。
これを聴いていると、本当にどんなにつらいことがあっても、元気と勇気がわいてきます。

録音ではサー・ゲオルグ・ショルティ指揮のCDを持っていますが、パーヴォの指揮のすばらしさに、一年前はただただ圧倒されていました。

歌詞の意味をしって、すごく衝撃だったこともありますし、神と人間、壮大な運命、永遠の命と愛について、2016年9月の東京にて発表しなければならない意味がちゃんとあったのだと思います。

いまきいても、非常にすごみのある名演ですね。マーラーは大変波乱の人生をおくった方で、ユダヤ教からキリスト教への改宗を経て、一連の交響曲を作った方でした。そういうバックボーンも含めて考えると、この作品は、聖母マリアへの賛歌、そしてもっと永遠なる神への憧憬と畏敬がこめられています。

現代の混沌とした世界情勢の中で、普遍的な正義や価値を見出すことの難しさを痛感しますが、一方で、永遠の愛についての追求の思いは、きっと万国共通だと思うのです。それがイスラム教であれ、神道であれ、キリスト教であれ、仏教であれ、ユダヤ教であれ、人間の営みが続く限りは永久にわれわれのテーマであろうとおもいます。

マーラーの「一千人の交響曲」は、あらゆる思想、信条、宗教を超えた力強い人間の生命力と可能性を感じさせ至高の名曲だと思います。

この曲と、パーヴォたちの名演に出会えたことにふかく感謝しています!


I'm wondering if you could make a CD!
Paavo conducted, the leader of the nhk symphony orchestra, Mahler Symphony no. 8 "one thousand symphonies".
If you're listening to this, it's really hard for you, and you're very brave.

In the recording, I have a CD with Sir Georg Solti's conuct, but it was just a year ago, but it was simply overwhelming.

I knew it was very shocking, and it was very shocking, and it was a good thing that I had to announce that God and man, the magnificent destiny, the eternal life and the love of my life, in September 2016 I think.

If you're listening, it's an excellent one. Mahler sent a very eventful life, and he had made a series of symphonies after he converted from Judaism to Christianity. Including the backbone of the backbone, this piece of work is with and awe to the virgin Mary and the more eternal God.

I realize the difficulty of finding universal justice and value in the modern chaos of the world, but on the other hand, I am sure that the pursuit of the love of eternal love is in the world. If it is Islam, the religion, the religion, the religion, the Jews, the Jews, the Jews, and the Jewish of the human being.

Mahler's " one thousand symphonies I think it's a great masterpiece of life and the possibility of a powerful human being beyond all ideas, creed and religion.

This song is very grateful for having met the performances's performance!

『音楽』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーヴォ、師・バーンスタイ... | TOP | 来年1月にベルリンに行けるこ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 音楽