桂木嶺(Ryo Katsuragi)の、音楽とおだやかな暮らし

On Paavo Järvi blogi fänn. パーヴォ・ヤルヴィさん、吉右衛門さんなどについて語ります。

きょうは日本の議会制民主主義が崩壊した日です。

2017-06-15 09:13:54 | きょうのオピニオン

きょうは、やはり、こういう表現の場をもつ人間として、ひとこと言わせていただきたいと思います。とあるところに書いた文章を転載いたします。 

きょうは日本の議会制民主主義が崩壊した日です。非常に、くやしく、残念です。

長くそのことを、若いひとは記憶にとどめてください。「かつらぎは、なにをいったい言ってるんだ」と思われるかもしれません。でも、本当に、これからがおそろしいことが始まります。

あなた方がまるで空気のように享受している「言論の自由」「表現の自由」「結社の自由」が、これからは、「共謀罪」というおそろしい名前のもとに、さまざまな理由でいいがかりをつけられ、あなたは官憲の監視対象にされ、自由にものに書いたり言ったりすることができなくなります。

 

いまはものがあふれていて、情報があふれていて、なんでもあなたがたは享受しているように思えるでしょう。でも、だんだんそれができなくなります。ブログもできるようになるのか、わかりません。なんとでも拡大解釈され、そして、あなたがたのお子さんや、あなたのご家族まで監視対象にされ、犠牲になるかもしれないのです。

 

すでにそれは始まっています。テレビのニュースは、もう官憲をおそれて、この共謀罪成立のことをきちんと報じていません。そして、それは映画・演劇にもおよぶでしょう。ありとあらゆる生活におよぶのです。おそろしいことであります。戦前への逆戻りがはじまります。

 

安倍政権は、ひとびとのくらしを踏みにじる真似をことごとくしてきました。安保法案、天皇陛下退位におけるかれらのホンネのひどさ、さまざまな圧政を通じ、そして言論封殺をし、マスコミをメディアコントロールすることで、わたしたちの生活を圧迫しようとしています。そして次は、あなたのお子さんが戦争に駆り出されるように、憲法を改悪しようとしています。

 

さまざまな選挙を通じて、この悪政を、なんとしても、とめなければなりません。

このブログをかいてみたことで、痛感したことがあります。

 

なぜ100均ショップで、わたしたちはいまの生活に満足しなければならないのか?

なぜ、ファッションは、ユニクロでコーデしなくてはならないのか?

 

ものの価値がどんどんさがり、大切さが失われています。100均ショップで、UNIQLOで、くらしの工夫をすること、節約をすることは大事です。でも、もっと大事なことを、わたしたちは政府に対してもとめなくてはなりません。よりゆたかなくらし、より安心した暮らし、心の安定をはかるくらし、お互いにみとめあう暮らしが大事なはずです。だれかの顔色を窺う生活ではなく、おたがいを尊重しあう社会の形成が必要なはずです。傲慢不遜な政治家たちに翻弄されるのではなく、毅然として、いうべき意見を言える社会が、いまなによりももとめられています。

 

IMG_20170614_201810757.jpg

これはきのうのわが家の晩ごはんです。

茶碗とランチョンマットが100均ショップで買ったものです。

ふだんのわが家は、こういう食事が多いです。

みえないところで、そういう工夫をしています。

 

IMG_20170613_071001812.jpg

これも100均ショップでかった瓶です。中のペンネも98円です。

そういう工夫をみんなそれぞれしているのです。

 

100均ショップやUNIQLOで買うたびに、わたしたちは、その100均とUNIQLOでくらしていることを思いましょう。そして、100均とUNIQLOで働いている、(けっして賃金も高くないと思いますが)その方々のために祈りましょう。

 

そして、神をも恐れぬ安倍政権に、いつか正義の鉄槌と国民の厳しい審判が下されることを祈ります。傲慢なひとたちに、神の怒りがあらんことを。

 

「ちいさきものにしたことは、すべて私(神)にしたことなのである」

(聖書より)

ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オトナのみなさん、しっかり... | トップ | 電車の中でのこまったおじさま。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む