ごろごろで 楽しく記憶☆ ~勉強は楽しまなくっちゃ♪~

語呂合わせで楽しく記憶して、勉強に役立てて欲しいな♡
ちょっとした日常のハッピーネタも書いちゃうかも。

薬に頼らない病気の治し方 (1)

2017-04-29 12:43:47 | 日記
薬には怖い副作用があるし、症状を抑えるだけで治らなくて飲み続けるのはちょっと・・・。
でも、食べ物で治せるとしたら、こんないい事はないですよね。
ということで、この本に紹介されていた いくつかの病気にいい栄養をまとめてみました。

たとえば・・・
 高血圧には、動脈の弛緩と収縮の働きがあるマグネシウムとカルシウムがすごく大事で、
その比も1:2よりマグネシウムが多い方が望ましい。
【マグネシウムは海藻や蕎麦、ゴマや豆腐、ココアに含まれています】
そして、弾力性がある血管を作る材料の良質タンパク質ビタミンも不可欠
だそうです。

また、高血圧には減塩とよく言われますが、食塩の摂取量の多い地域で高血圧が多いという統計から生まれた説。
同じ東北でも、りんごの産地では高血圧は少なかった。
血圧を平常に保つには、ナトリウムとカリウムの比率が重要
(※カリウムは、りんご、メロン、スイカ、バナナなどの果物や野菜に多く含まれます。)
つまり、高血圧の原因は、食塩の過剰摂取というより、カリウム不足といった方が正しいそうです。
高血圧の人は、りんごなどの果物や野菜をしっかり食べるといいんですね~


 糖尿病では・・・
タンパク質、とくに活性酸素除去酵素がブドウ糖にくっつかれると働けなくなるだけでなく
壊れるときに強い活性酸素を発生させて大暴れし、合併症を起こす。それが糖尿病の怖さ。
でも、合併症は、スカベンジャー(活性酸素を除去する物質)で避けられます

スカベンジャーには・・・
  ビタミンC(水溶性)・・・レモン、苺、みかん、柿、パセリ、トマト、ブロッコリー
                    ピーマン、さつま芋、番茶

  ビタミンE(脂溶性)・・・アーモンド、大豆、落花生、ウナギ、シジミ、カツオ
                      
  カロチノイド(脂溶性)・・・緑黄色野菜(人参、かぼちゃ、トマトなど)かんきつ類、
                     抹茶、赤身の魚、海藻、卵黄、魚卵

  ポリフェノール(脂溶性)・・・ゴマ、緑茶、赤ワイン、珈琲、ショウガ、ハーブ 
があります。


その他・・・
動脈硬化には・・・タンパク質とビタミンB(イワシ、大豆、バナナ、豚肉

心筋梗塞には・・・タウリン(硫黄を持つアミノ酸。牡蠣や魚の血合い、卵に多い)

脂肪肝には・・・ビタミンB群とレシチン(豚肉、豆類、チーズなどに多い)

痛風には・・・タンパク質とビタミンA

風邪は・・・
ウイルス感染症の1つですが、風邪のウイルスは私達の周りにたくさん存在しています。
いつもは血液中の免疫細胞がウイルスを撃退してくれますが、
寒くて乾燥しているところに風邪ウイルスが好んで棲息している上に、
寒いと血管が縮み、免疫細胞の数が減るから風邪を引きやすくなります
したがって・・・
免疫細胞が減らないようにしておくと風邪を引かなくて済むそうです。
ウイルスに対抗するのに必要な物質はインターフェロン(糖タンパク)
これが警戒信号になって、体がウイルスの増殖を抑える物質を作り始めるので、
インターフェロンを欠かさなければ風邪のウイルスを撃退できます。
インターフェロンを作るにはタンパク質とビタミンCが必要
また温度が高い方がインターフェロンを作りやすいので、風邪を引いたら身体を温めた方がいいみたいです。

≪解熱剤と抗生物質について≫
風邪で発熱するのは、発熱によって代謝レベルを上げ、白血球を増やしてウイルスと戦うため
白血球がウイルスを撃退すれば、体温は自然と下がる。
解熱剤で無理やり下げても、症状がよくなるとは限らない。

抗生物質は、ウイルスに便乗して混合感染する細菌が標的。
抗生物質を使っていると腸内細菌が死んでしまい、お腹の調子が悪くなる。
だから、抗生物質を使うのは熱が上がりすぎてよほど辛い時に限り
そして、なるべく腸内細菌のえさになる水溶性の食物繊維をとるようにして欲しいとのことです。


インフルエンザ
には・・・スカベンジャーで活性酸素対策+手洗い・うがい
      ※スカベンジャーは、ビタミンC、ビタミンE、カロチノイド、ポリフェノールでしたね。(上を参照)
       野菜や果物、ゴマやアーモンド、大豆、魚、卵、お茶・珈琲などなど・・・しっかり食べたいです。

花粉症には・・・免疫のハードルを上げるビタミンA(緑黄色野菜、卵黄、うなぎ、レバー、スイカ等) 
        ヒスタミンを抑えるビタミンC(レモン、苺、みかん、柿、パセリ、トマト、ブロッコリー等) 
        炎症部分に発生する活性酸素にスカベンジャー(ここでもスカベンジャーです) 
        抗アレルギー作用のあるビタミンH(卵黄、大豆、エンドウ豆、落花生、鶏肉、豚肉、バナナ)
        イチョウの緑葉エキス

・・・が いいそうです。

(つづく)
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬に頼らず病気を治す?  | トップ | 薬に頼らない病気の治し方 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事