ごろごろで 楽しく記憶☆ ~勉強は楽しまなくっちゃ♪~

語呂合わせで楽しく記憶して、勉強に役立てて欲しいな♡
ちょっとした日常のハッピーネタも書いちゃうかも。

おせち風(笑)

2018-01-05 21:02:57 | かんたん料理
お正月料理と言えばおせち料理
ここ3~4年は出来たのを買っていたんですが、
今年は元旦のお昼に3人が食べるだけなので、おせち風に作ってみました。



伊達巻は出し巻き卵に。
人参は主人の好きなグラッセに。(笑)
キュウリの丸かじりが好きな息子に、生のキュウリ。
私の好きな海老も茹でて、
みんなの好きなものを入れてみました。

黒豆はことこと2時間、アーモンドたつくりはレンジで数分調理。
あと焼くだけの照り焼きつくねやロールステーキなど。
煮アワビがちっちゃくて。(笑)

できてる”菊花かぶら”は味が濃すぎたので、
大根を同じ菊の形に切って、生のまま4~5個入れときました。
大根から水が出て甘酢も薄まるだろうし、大根も味がつくと思って。
一日では大根の味が薄くて、あ、はずれ!(笑)って分かりましたが、
だんだん味がなじんで、大根かカブラか分からなくなりました。(*^^)v

ほとんどは元旦のお昼に食べてなくなったんですが、
日持ち組は、2日の夜オードブルの横に出していたら食べてくれて、
昨日も食べて、
最後今日、菊花かぶらと黒豆だけになりました。

菊花かぶら・・・毎日食べてると飽きちゃったな~
やっぱりまだ味が少し濃いし・・・

そこで、塩ゆでしたブロッコリーとあえてみました。



ブロッコリーとかぶらをセットで食べると、
甘さが抑えられて、味がさっぱりして随分食べやすくなりました。


黒豆は・・・今年は自分で煮たのでそんなに甘くないんですが
去年同様、ヨーグルトに混ぜて食べています。



何度食べても飽きることなく、毎日美味しく食べています。


今年のおせち風、家族にも好評で、なんとなく量的にも丁度良かったので、
来年もこんな感じでいこうかな~と思っています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たくさんゴーヤをもらったら・・・ (2)

2017-08-17 16:26:40 | かんたん料理
たくさんもらったゴーヤ。
大きなゴーヤは、その大きさを生かした料理にしたいな

ということで、ピーマンの肉詰めならぬ
 ゴーヤの肉詰め を作ってみました。

<材料>
合挽きミンチ・・・150gくらい
ゴーヤ・・・大2本(真ん中の太い部分だけ)
玉ねぎ・・・1/2個
パン粉・・・大さじ3くらい
卵・・・1個

ゴーヤは、筒状に切って、塩を振っておきます。

玉ねぎはみじん切りにしてチンして冷ましておきます。
ミンチと玉ねぎ、パン粉、卵、塩コショーを混ぜておきます。

ゴーヤの水分をふいて、内側に小麦粉をまぶし、肉だねを詰めます。



焦げ目が付いたらひっくり返して焼き、酒大さじ3を入れて、弱火で蒸し焼きにします。

 

出来上がり



ウスターソース、ケチャップ同量、インスタントコーヒー少々を混ぜたタレでたべます。

見た目が可愛くて、ピーマンの肉詰めよりいいかも
ただちょっとピーマンより分厚い分苦みはあるので、
苦手な人は、ゴーヤの厚みを薄くして、
肉だねを上下にはみ出すくらい多く詰めると、食べやすいと思います。


残ったゴーヤの両端の細い部分を輪切りにして、2品作りました。

まずは・・・
 ゴーヤとナスのなべしぎ

塩もみしたゴーヤを10分置いて水けを取り、
オリーブ油で炒めます。
ひと口大に切って、皮に油を塗ってチンしたナスと炒めて・・・



【水と味噌大さじ2、酒と砂糖とみりん各大さじ1】 を混ぜたのを加えて
照りが出るまで炒めたら出来上がり。



ゴーヤはまったりとした甘辛い味噌とよく合います
これもなかなか美味しいです。
小さい丸いゴーヤが、見た目に可愛いです。


最後は、
 ゴーヤと油揚げの炒め物

薄切りのゴーヤに塩を振ってしばらく置いて水けをふき、油でさっと炒め
みりん大さじ1と1/2、薄口しょうゆ大さじ1で味を付けます。



油揚げを加えて更に炒め、カツオ節をからめます。



とっても簡単なのに、美味しいんです。
苦いのが苦手な人は、ゴーヤより油揚げの方が多いくらいにするか、
ゴーヤのゴツゴツ部分をピーラーで削っておくと、
美味しく食べられると思います。

いつもはピーマンで作るこの料理、
ゴーヤでも美味しく出来ました 


これでゴーヤは全部使い切りました。

でも、今回新しく作った料理がなかなか美味しかったので、
またゴーヤを買って来て作りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たくさんゴーヤをもらったら・・・ (1)

2017-08-16 17:47:04 | かんたん料理
お盆を過ぎたのに暑い日が続いています。まだまだゴーヤの季節なのかな?
産直市でゴーヤを買ってた上に、更にゴーヤをたくさんもらいました。



普通の3倍くらいある大きなゴーヤが2本、このほかに小さいのが3本
わぁ~~どうしましょ。

最初の2本で、いつもながらの
ゴーヤチャンプルーとゴーヤとツナのサラダにしました。

ゴーヤチャンプルーは、副菜として作ったので、
簡単にベーコンを炒め、薄切りの茹でたゴーヤともやし、豆腐を炒めて塩コショー、
卵でとじて、カツオ節をパラり

ゴーヤとツナのサラダ
はもっと簡単
ゆでたゴーヤを、ツナ缶とコーン缶を加えて、マヨネーズであえるだけ
ゴーヤの苦さが全くなくなるので、ゴーヤを買うと必ず作ります。

さて・・・

平野レミさんのピラピラピーラーサラダも作ってみたんですが、
ゴーヤと玉ねぎを縦にスライスして、塩もみしてしばらく置いて絞り、
(こうすると苦くないそうです)
ホタテ貝柱の缶詰と合わせて、オリーブ油・レモン汁・塩コショーであえる
・・・というんですが、
どうにも苦くて・・・ゴーヤの苦さが苦手な私的には辛いな~~ 
貝柱の味が~わかんな~い
ということで、私は、コーン缶とマヨネーズを足してみました。
TVでは、みなさん美味しいと食べていましたので、
苦いの平気な方はたぶんそのままでいけると思います。


ある時、牛肉のソテーにゴーヤを入れたらどうかな?
とひらめいて・・・
作ってみました。

 牛肉とゴーヤのソテー

<材料>
牛肉(モモばら切り落とし)・・・200gくらい
ゴーヤ・・・1本

牛肉は硬い部位なので、塩麹をまぶしておきます。
(肩ロースなど、いいお肉の時はそのままでOK!)
ゴーヤは、緑の部分が苦いらしいので、ピーラーでそぎ落として薄切りに。


塩をまぶして10分くらい置き、出た水分を拭き取っておきます。

オリーブ油で牛肉とゴーヤを炒め、焼き肉のタレ少々、はちみつ少々で味付け。



はい出来上がり


これが、なかなか美味しかったんです 
甘めのお肉と、ゴーヤの苦さが引き立てあって、丁度いい感じ。
お肉だけより、断然ゴーヤが入ってる方が美味しいです


うーーん、他に何作ろう~(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
と考えた時、
ゴーヤに似ているピーマンと同じように使えるんじゃないかと。

ということで、作ってみました。

 豚肉とごぼうの炒め物

元々はこんな料理です。



このピーマンの代わりに、ゴーヤを入れてみました。

<材料>
豚肉・・・200gくらい
ごぼう・・・2~3本
こんにゃく・・・小1袋
ゴーヤ・・・1本
もやし・・・1袋
※舞茸・・・1パック

① 豚肉は、硬い肩バラ切り落とし肉だったので、舞茸をほぐして混ぜておきます。
こんにゃくは塩もみして、ひと口大にちぎり、ゆでておきます。

② ゴーヤは、種とワタを取って、緑の皮を半分くらいピーラーでそぎ落とし、
薄切りにして、塩を振って10分おき、さっと洗い流しておきます。

③ オリーブ油で、豚肉、舞茸、こんにゃくを炒め、ゴーヤも炒め、水を入れて。
しょうゆ、砂糖、酒、みりん(ほぼ同量)で、ごぼうが軟らかくなるまで煮ます。



・・・ここで、味見してみたら、ちょっと味がきつい気がしたので、

もやしを加えてみました。



すると。。。なんとマイルドないい感じの味に~



もやしって、いい仕事をするんですね。うまみもプラスされた感じです。

ちょっぴり甘めの炒め物にゴーヤのほろ苦さがアクセントになって、
よく合ってていい感じです
これもなかなかのヒット作かも。


次はさっぱりと、
 ゴーヤの塩昆布和え



薄切りにしたゴーヤをゆで、
塩昆布で和え、薄口しょうゆを少々、ゴマをぱらり。
で出来上がり

 

このピーマンの代わりにゴーヤを入れてみました。

いつもはピーマンで作るんですが、
ゴーヤなのでちょっと苦いかな?
でもゴーヤの苦さが平気な主人は、パクパクたべていました。

簡単なので、ゴーヤの苦さが平気な人にはお勧めです


さて、まだたくさんゴーヤあります。
まだまだ新しいゴーヤ料理、作らなくちゃです。

(つづく)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キーウィハムサンド

2017-06-25 11:49:40 | かんたん料理
今日は日曜日。
平日はごはんの朝食なんですが、休日はパン食。
昨日卵サンドを作ったので、今日はどうしようかな~?
と考えて・・・

ハムとサンゴールドキーウィでサンドイッチにしてみることにしました。
パンを焼いた上に、ハムとキーウィのスライスをのせるだけという
超シンプルなサンドイッチ



パンにバターもマヨネーズも塗らない代わりに、ハムを2枚にすると塩味が丁度いいです。

息子も私もシンプルであっさりしてるのが好きなので、
何も塗らなかったんですが、
手間じゃなくて好きな方は、バターやマヨネーズを塗っても美味しいと思うんですけどね~
そのときは、ハムは1枚でいいかも。

私がたべてみて、
うんこれイケるとなって、
息子にも作ってあげたら、美味しい とたべてくれました。
ホント、簡単な割に、めっちゃ美味しいんですよ~。ヾ(´▽`)ノ



息子には、2枚目に目玉焼きサンドも。
デザートは、桃です。

私はたまたまちょっと甘さが足りない桃だったので、
桃ヨーグルトにしました。



桃が楽しめる間、いろいろな食べ方をしてみたいと思います。

よく考えると、サンゴールドキーウィも桃も、
似てますね。
軟らかくてあまったる~い感じが、たまらなく好きです。
あ、でも、桃とハムは合わないと思うので、
このサンドイッチは、やっぱりあまーいキーウィですね。(^_-)-☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サバ缶で簡単パエリア

2017-06-08 20:53:50 | かんたん料理
先日あさイチでパプリカの特集をしていました。

パプリカは、ビタミンC含有量が野菜の中でもトップクラス、
そのほかの抗酸化成分を豊富に含んでいるので、
【疲労しにくい体】、【免疫力アップ】、【美肌】に役立つそうです。
特に赤パプリカは、βカロテンの含有量がとっても多いんだとか。

ということで、赤と黄色のパプリカを買って来ていたので、
サラダや炒めもの、ピクルスを作って最後は、
一番作りたかったパエリアを作りました。

みきママさんの料理本に載っている、
 サバ缶を使った10分でできるパエリアです。

まず、赤と黄色のパプリカをオリーブ油でソテーして、フタをして
蒸し煮にして取り出しておきます。

玉ねぎ1/2個とニンニク
のみじん切りをオリーブ油で炒め、
サバの水煮缶の、白ワイン(酒)大さじ2、顆粒コンソメ、カレー粉大さじ1、塩小さじ1/2
を入れて炒めて水分を飛ばし、

温かいご飯を入れて炒めます。

パプリカとサバの身を飾って、弱火で蒸し炒めにし、パセリのみじん切りを散らして出来上がり



みきママさんは、黄色のパプリカでなく、レモンを飾っていたんですが、
レモンが多すぎても酸っぱくなりすぎるので、別にちょっとだけ添えて、
黄色のパプリカで彩りにしました。

本当に10分で出来ました。

でも、とってもお洒落
お客様のおもてなし料理にもなりそう。

主人が「綺麗に出来たんだから写真、写真」って。(笑)

そして、肝心のお味ですが、
美味しいんです
カレーの味があんまりしなくて、本格的なパエリア
サバのうまみたっぷり・・・でも魚臭くないです。

主人も息子も大喜びで食べてくれました。
あんなにお代わりする息子は珍しい。
たくさん作ったのに、3人でほとんど食べてしまいました。

みきママさん、天才ですね 

今度お客様がいらしたら、作ろうと思います。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加