箏とともに

琴講師が のんびり書き綴る 何気ない日々の出来事
琴教室 岡崎市

2017年06月22日 | お琴の曲紹介

「泉」は、その名の通り とても美しい曲です。


しかし、アルペジオの多さといったら!


こんなにアルペジオの入る曲って珍しいですね。


いつも等間隔でなく、不規則なのでミスを誘います。


裏を返せば弾きにくい箇所が曲を弾きたてるところでもあるのですが・・。





お弟子さんも「泉」に奮闘中


「練習あるのみ」の曲です。


習いはじめ、手が慣れるまでが一番辛抱時でしょうか。


ともに頑張りましょう☆ 

 

 

 

 

 琴・三絃教室案内へ

 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「海の声」と17絃 | トップ | 癒しのレモンバームティー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。