moco no tabi -女一人旅のブログ-

シンガポールで働いていた日々と、数多くの転職の合間に行ったバックパックの旅行記基本一人旅ですが時々誰かと旅します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヨーロッパ一人旅2011 ③ ギリシャ Day 3 : Aegina島(2011.11.11)

2011-12-16 14:39:27 | ヨーロッパ - ギリシャ

3日目は、島へ行こう ・・・と決断。


早起きしすぎてしまったので、Natinal Parkを歩き...

 

 

島といってもどこへ行くかも決めず、そもそもどう行くかもよく知らないけど、とりあえず港いけばいいだろーということで港へ。

ちなみにGreen Lineの朝の満員電車はさすがに怖い・・・。

 閑散とした港だったけれど、船のチケットカウンターを発見し、一番の候補にしていたAgina Island行きを決定。

 

 

船に乗ると、アテネの怖い雰囲気とは異なりなんとなくリラックスな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

期待せずに着いたここ「Aegina島」…

 

…めっちゃきれい

 

町も・・・

  

  

 

 

海も…

 

 

すごくきれいで観光客多そうなのに客引きがすくない(言葉のせい?)のが不思議。

ピスタチオのお菓子がたくさん売っていて、あとはアテネと同じように手作りのアクセサリーが
たくさん売ってた。

やや排気ガス臭いけど、全体的にはきれいで・・・・天気もよくて、18度くらいはあったと思います。

 

きれいな海を眺めながら、改めてここに来られてよかったな。。と思いました。
少し前は、外出すらする気にならず、友達と会うのも正直すごく大変で…。
旅行なんて行く気しなかったのに、今一人でこうして日本から遠いヨーロッパに来ていて…

それを許してくれている環境やわかってくれる周りの人達、そしてここまでよくなったのは、周りのみんなのおかげだな。。と。

改めてそんな事を考えていました。

とにかくゆっくりしたかったので、ここに来てよかった。

アテネの遺跡とか、まだまだ見てないものもあるし戻ろうかな?と思ったけれど
やっぱりアテネはあまり好きではないのでAgina島で一日過ごすことにしました。

 

かわいいバースデーカードを購入

 

彼にハガキを書く・・・けどハガキじゃ足りない

友達のひろのちゃんや美佳、ともさんにも手紙を書きたいな。

ところでギリシャはbillを持ってくる習慣がないみたい。

お客さんが計算して、テーブルにお金を置くか店員に席で渡す文化のようです

 

本日の出費メモ

フェリー:19ユーロ
コーヒー:2.5ユーロ
ランチ:5.7ユーロ
ハガキ:10ユーロ
ディナー:5.2ユーロ
切手:2枚で1.5ユーロ

 

そして次はミステリアスなルーマニアへ向かいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーロッパ一人旅2011 ③ ギリシャ Day2 : デルフィ/Delphi(2011.11.10)

2011-12-16 14:20:20 | ヨーロッパ - ギリシャ

2日目は、昨日なんとか変えたバスのチケットでデルフィ(Delphi)へ。

 

周りはギリシャ人ばかり+韓国人の家族が一組。

 

バスターミナルへ向かう途中、アテネは本当に空気が汚くて、治安が悪くてもったいないな。。と考える。

知ってる国が少ないので、無理に知ってる国の中でどこに似てるかなってかんがえたら、シドニーかな。
グラフィティ(スプレーのいたずら書き)の多い電車が似てるのかな。

 

添いてマックとスタバがないことに気付く

なんでだろう?

 

 

アテネから長距離バスで約3時間、「デルフィ」へ。ここにも世界遺産の神殿が残されています(が、神殿の写真はないです。笑)。

デルフィは田舎で、空気も澄んだきれいな場所でした。

 

 

 

 

デルフィはアテネから145キロ、標高は700m。バスで3時間くらいのちょうどいい場所にあります。k

今日はApollo Oracleはしまってた(か、みつけられなかっただけ?)
けれど町はきれいで、空気も澄んでいてよいところでした。

 

 

(ギリシャ料理のギョロス。ヨーロッパとかにくごはんがでかい。左側は肉ではなくてピタです。) 

 

 

 

 

アテネ市内が怖かったので、なんだかほっとした気分。。

時間的には余裕がなくあまり見られなかったけど、アテネ以外の場所に行ったことで「ギリシャは怖かった」というイメージで終わらなくてよかったな…。

 
2日目にしてきづいたこと。
チェーン店が(ほとんど)ない
 

アテネ市内にもマクドナルド、スタバがない。

いろんな国で見るシェルのガソリンスタンドもない。

 

ギリシャは何が産業なんだろう。

ツーリズムだったら、、もっと発展しそうだけれどTourist Friendlyな国でもなさそう。

夜アテネに戻る。

けどやっぱりなんだか気味が悪い・・。明日はどこか島へ行こう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨーロッパ一人旅2011 ③ ギリシャ Day1 : アテネ(2011.11.9)

2011-12-16 13:56:55 | ヨーロッパ - ギリシャ

 

トルコ滞在を終え、ギリシャへ。

 

ギリシャは元々治安が悪い上に、デモがあったばかりで治安が悪化していましたが「チケットを取ってしまったし」と、行くことに。

 

ギリシャ行きのフライトが早朝だったので、トルコの空港(のベンチ)で眠り朝を迎える事にする私。

こういうの、実は慣れているけど、なんかトルコの空港は…怖かった…。(気づけば女性はほとんどいない。)

-なので、貴重品は抱え、バックパックはチェーンで自分の体とつないで寝ました。

 

途中、夜中にお掃除の人たちがベンチを動かしながら掃除をしたのでベンチごと移動された…なんてこともありましたが無事に朝を迎えギリシャへ出発。

機内に預けた荷物をギリシャの空港で受取り、見てみるとバックパックが開けられてる…
折り畳み傘がいれていたところとちがうところにはいってるし、彼に借りたカラビナがない...

まぁ。。よくあることだし貴重品は入ってないしいいか、と思いつつもあまり素敵ではないギリシャの幕開け。

 

さらに空港から町まで電車に乗ろうとすると…

電車って…これ。。

「電車や壁の落書き…治安が悪い街の典型。。こわい。。」と思いつつびくびく電車に乗ると横にいたギリシャ人に日本語で声をかけられる。
「アテネ、治安悪いから、(カメラ)チャント 守ッテネ。」

 

 

駅についてもなんだかみんなの視線を感じる。

 

泊まったのはホステルAthenes Backpacker

実際街に出ると、さすが歴史がはじまった場所でもあるアテネで、たくさんの遺産が残されていました。

カフェもたくさん。

 

 

アテネのことを何も知らないのでまずは博物館へ。
(辞書あればよかった。。けど、まぁいちおうなんとなくわかったかな?)

 

治安面でいえば、そこまで危ない思いをしたわけではないですが、とにかく空気が汚い。。
そして、行ったタイミングが悪かっただけとは思いますが、人々の目が…”生きていない”印象を受けました。

 

「アテネは歴史も長くてこんなに観光地としていい街なのに治安が悪いのはなんでだろう。。
観光客からお金を得ているなら、もっといろんなことが整備されていてもいいはずなのに。。(観光客向けの案内や英語表記も少ない印象)」

 

…ばかり考えていたギリシャ滞在中。

 

日本に帰ってきて調べてみると、アテネは「海運業、移民からの送金と観光業」で成り立っているそう。

だったらもっと、観光客を引き寄せるために治安を良くするとか町中整備するとかしたらいいのに・・・と勝手に考える私。

 

                                      

泊まったバックパッカーはこんな感じでした 

 

 

 

さて明日はバスで「デルフィ(Delphi)」ヘ行きます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加