cute!

興味のおもむくままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山口県光市母子殺害事件を考える

2006年06月21日 | ニュース・社会
昨日、そして今朝。
多くの山口県光市母子殺害事件についてニュースを見ました。

正直何度も遺族である本村洋さんの7年を振り返る映像を見るたび、
たまらなくなります。


そして驚いているのは、
加害者の父親の話。


死刑の公算が強くなったことを受けてか、
インタビューに答える父親の話を聞いて、
中学時代の生徒指導の年配先生が言っていた言葉がよぎりました。


「子供を見れば親がわかる。」




加害者の父親の話を聞いて、


「あぁやっぱりあれだけの事件を起こす親だなぁ」


と痛感しました。




何を甘えたことばかりいけしゃあしゃあと言うのでしょうか。

現実が辛くて逃げているならそれこそ思い切り甘えです。


何の罪もなく人生を変えられた遺族の本村さんは、
必死に葛藤しながら現実と立ち向かっているというのに。


加害者の父親が子供の命乞いを、
あのような酷い言葉で出来る神経が理解できません。



実の息子が欲望のまま妻子を殺し、
その本村さんは子の命を取り返すことすら出来ないのに、
どうしてそのことを少しも理解できないのでしょうか。





TBSのニュースで加害者と接見する僧侶達が出ていました。

ご自分のポリシーで行動を行うのは自由です。


しかし、

「加害少年は償いたいと言っている、
 彼は反省している、
 死刑にすべきではない。」

と話す姿にとても違和感をおぼえました。



加害者をサポートする人たちは繰り返します。


「反省している、償いたいと言っている、と。」



けど誰一人、


「どんなふうに償うのか、何故生きて償うという選択肢を望むのか」

についてのコメントを聞いたことがありません。



例えば弁護人やサポートしている誰かが加害者を法律的に引き取り、
まずは遺族の望むとおりの苦労を背負わせるとか、
もしも一度でも約束を破れば死刑にするとか、
生かしてもらえるという幸福をもらった以上、
とてつもなく重い枷を一生背負わせるべきでしょう。

一生は全て被害者に捧げるべきでしょう。

彼らの命をもらって生かされているのと同じなのだから。

第一、
加害者に殺された二人は生きることすら身勝手な元少年に絶たれたのに、
何故他人の人生を絶った加害者が、
「生きるか死ぬか自分で選択させて」、
と言えるのでしょうか。


遺族は彼の死を望んでいるのです。
それが償いだと言っているのです。

加害者が被害者及び遺族のために償いたいと本心で思っているなら、
遺族の死刑希望を受け入れるべきでしょう。


しかし、

「生かせて償わせて」というのは、

遺族の望みより自分の望みをまずは優先させたいという現れ以外何があるのでしょうか。



本村さんだって好きで死刑という言葉を望んでいるわけでは無いでしょう。
言わなくていいなら言わないはずでしょう。
そこまで言わせるほどの残虐な行為を加害者がしたからでしょう。








ニュースで本村さんを見ながら、
いつか彼が安心して、
幸せな家庭をもう一度持ちたいと思う日が来てくれればと思いました。

家族が殺害されたのに自分だけが幸せになっていいのだろうか、
と自問自答されていると話されていました。

自分のせいだと自らを責める、
責任感と優しさのある人だからこそ、
自分が幸せになることを途惑われるのでしょう。

どうか、
ある程度のところでご自分も幸せになれる道を、
探されることを願います。

だって私が夫を残して死んだなら、
きっともう充分だから、
これからはもっと自分を大事にして欲しいと願うから。

どうかどうか、
これだけ辛い難関に立ち向かう人に、
幸せが訪れますように。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山口県光市母子殺害事件最高... | トップ | 北海道旅行①(知床一日目) »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせて頂きました (ちさと)
2006-06-21 15:36:53
はじめまして、ちさとと言います。

山口県の母子殺害から7年の月日が経過したのですね。



あの身勝手極まりない少年が犯した罪は、許しがたいものです。

もし奥様やお子さんが元気で生きておられたら、今頃家族3人、楽しい生活を送っておられたでしょう。



1日も早く本村さんに明るい光が刺すことを心から祈らずにはいられません。
Unknown (まいっち)
2006-06-21 18:31:23
こんにちわ。

この事件はいろいろ考えさせられてしまいます。

生かせて何を償うのかについて

誰もコメントしていません・・に

思わず 納得・・。

記事に引用させていただきました。
初めまして (トモコ)
2006-06-21 20:33:10
ちさと様



TB・コメントありがとうございました。



いつも本村さんのあの強さにひたすら感服しています。

あれだけ自分に責めを負わせている姿を拝見すると、

本当にゆっくりとした幸せを感じて頂きたいと思ってしまいます。







まいっち様



TB・コメントありがとうございました。



反省は猿でも出来る、

という言葉がむかーしありましたが、

こちらは人間なのだから、

どう反省するかもっと踏み込んで欲しいと思います。
忘れてはいけないこと。 (つばチャン)
2006-06-22 10:26:42
初めまして、こんにちは。

つばチャンと申します。

私も光市母子殺害事件について私のブログで少し記事を投稿しましたので、

TBさせていただきました。

トモコさんの記事を読んで、とても強く共感いたしました。

私もあの父親のインタビューを聞いたときに

呆然としてしまいました。

言葉は悪いですが、あぁ、親が親なんだな・・・と思いました。

まるぜ自分が被害者のような口ぶり、あのインタビューを受けるときの態度、腕組みして椅子にのけぞったように座った姿勢、

すべてが腹立たしかったです。



この事件を通して、私は被害者遺族の方々が

どんな思いをして事件後を過ごしているかを

とても深く考えました。



私たちは絶対に忘れてはいけないと思います。





そして、本村さんには少しでも早く癒しのときが訪れることを願っております。
初めまして (トモコ)
2006-06-22 15:56:27
つばちゃん様



TB・コメントありがとうございました。



加害者の父親がインタビューを受けるニュースを見て、

「きっともし父親の元に元少年が戻っても、

 更正するのは無理だろうな」

と思いました。



テレビの思惑上と言っては何ですが、

あのインタビュー映像を見せられ、

コメントを求められる本村さんを思うと、

胸が締め付けられます。



犯罪被害者の想像を絶する現状は、

本村さん達のご苦労でやっと表に出てこられるようになり、

ここ数年少しずつ被害者保護の法整備の動きも出始めました。



しかし多くの法律に携わるお偉いさん達が法制度に反対していますので、

もっと国民の声で後押しされ、

早期に権利が確立されることを願っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
山口母子殺害事件 (ちさと通信局)
無期懲役を破棄・差し戻し…最高裁 死刑の可能性「恐怖と向き合い反省を」 被告の元少年「死んでも償えない」 死刑の可能性「恐怖と向き合え」 12時から放送されていた「きょう発プラス」で加害者の父親がインタビューに応じていたので、一部を紹介。 Q ...
ブログななめ読み~本村さんの7年を想う (レンガのまいHOME)
ニュースでみるたび やりきれない。 山口県光市母子殺害事件の判決から 一日たって・・。 加害者の父親と本村さんは同じ会社だったのですね。 父親のインタビューは みなさんのいうとおり あんぐりでした。 親は 最後まで 子供の味方であるべきだけど 被害者に ...
シ。-光市母子殺害事件について- (つばチャン、りゅうチャン、一緒に生きてゆきます!!)
                    ?Photo by (c)Tomo.Yun <光市母子殺害>無期懲役を破棄、審理差し戻し 最高裁 ?????? 2006年6月20日(火) 23時0分(毎日新聞社) ↑ このニュース、もうご存知の方が多いと思います。 7年前にこの ...