真水酒乱会 鯉心

仁淀川と鯉と酒を愛する、酔狂日記

M兄弟と仁淀川酔滸伝

2009-11-28 14:38:28 | Weblog
11月28日、M兄弟、仁淀川酔滸伝さんと飲んだ。 場所は仁淀川の柳ノ瀬や。 わしが11時過ぎに着くと、すでにM兄弟は竿を出しちょった。なんでも8時から釣りしゆにかーらん。 わしはいっつも出しゆうくからいうたらだいぶ下流に2本出し、M兄弟と昼飯(夜勤で貰うた海苔巻き)を食いビールを飲んだ。 本山はひやいに、仁淀川は暑い!わしまた裸になってしもうた…  車で本を読み17時から相撲を聞く。わしは朝青龍が好きやけど、この日は連敗を喫してしもうて優勝の可能性はほとんどないなった。横でM弟が「クソ青龍負けた!」言うて喜びゆうき、甚だ気分が悪いや。  んで晩飯。わしはM弟に豚汁を頼んじょったがやけど、M弟は家で調理した材料を3回分に分けて凍らして持ってきてくれちょった。 日が沈んで星が見えだした。わしは香典返しで貰うた天体望遠鏡を持っていっちょったがやけど、40倍で見た月は、クレーターがはっきり見えてなかなか新鮮やった。 その時空を見よったM弟が叫んだ!「あそこ!ながい、ながい、ながい、ながい!」 なんかながい流れ星が見えたにかあらん。ながいながい言う口で、願い事3回言うたらよかったになあ。  19時30分、酔滸伝の隊長が到着。その後もう1人メンバーが参加して5人で飲んだ。 けんどわし、3連続夜勤明けでの参加やったきかしらんけど、妙に酔うてしもうて、豚汁うどんもあんまし食わんずくら、さっさと1人で寝えてしもうた… 酔滸伝さん、せっかく来てくれたにごめんなさい…  しめ鯖と刺し身と焼き鳥美味かったです…   んで4時前にエサを交換して、6時まで本を読みまたちょっと寝えた。 朝から仕事のある酔滸伝さんらーは早い時間に帰っていきよった。  朝飯(夜勤で貰うたパンとジュースとヨーグルト)を食い、エサを換える。この後昼過ぎまで竿を出したけど、M兄に可愛らしい鯉が1匹釣れただけの釣果やった。帰りに自由軒で醤油大盛りを食って解散した。M兄は激辛大盛りをふーふー食いよったなあ。  M兄弟、豚汁と鳥ステーキご馳走様でした。 あれ、わし貰うてばっかしのキャンプやったなあ… 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わしの残念会

2009-11-22 16:34:03 | 飲み食い
11月21日、大変隊のメンバーがわしの残念会をしてくれた。ってか、わしが声かけて店も予約した、ただの飲み会やけんどね。  場所は最近お気に入りの(トリのすけ)で、2時間3300円飲み食い放題にした。乾杯の挨拶は「ざんね~ん」やった。隊長がこじゃんと嬉しそうやったにゃあ… メンバーは隊長、ニヤツキ王子、二等兵やった。 19時から飲み始めたけど、二等兵がいじょうこん。電話したら寝てやがった。まったく、こいつはえい奴やけど、時間にしょールーズなよ。 んで二等兵が食えるようにと思うて、新たに空揚げとカキフライを注文した。40分ばー経って二等兵がタクシーで到着。ほら食べやと、揚げたての空揚げを勧めたら、「起きてご飯食べてきました。しかも2杯!やきあんまり食べたくないな~。」じゃと。飲み会に来る直前にご飯食べたち、まったくこいつは何考えちゅうろう…   トリのすけは満席で、注文したもんもこんかったりしたけど、やっぱり美味かった。んで当然のように延長。日本酒、栗焼酎、芋焼酎、カクテルと飲み、シメに茶漬けを食って1人5000円くらいで店を出た。 二次会はカラオケバナナクラブや。ここでも飲み放題にしてゆるゆる飲んだ。子持ちメンバーが多いきか、アニメ特撮ばっかし歌いやたら楽しかったなあ。隊長は翌日マラソンの大会があるゆうて先に帰った。 今回はあんまり変態なデキゴトがなかったけど、このメンバーでの飲み会はやっぱり楽しいや。  次は12月12日、大忘年会や~  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カトキチの鍋焼きラーメン

2009-11-12 08:22:52 | 飲み食い
冷凍食品の雄カトキチさんが、須崎の鍋焼きラーメンを作ったと先月くらいの新聞に載っちょった。これは食わねばと思いよったところ、今朝冷凍庫を開けてみたらあるじゃないか!んで早速こしらえた。 鍋に水を320ml火にかけ、蓋の上で液体スープを溶かす。 具は鳥肉、チクワ、ネギのみじん切り、メンマやった。んで生卵をおとして完成。 早速汁を啜る。あれ?薄い… ダシも味付けも薄いやん。麺はまあ食えたけど、鳥肉は親鳥やないし臭い。ネギのみじん切りは存在感ないし、チクワふにゃふにゃやし、メンマなんざいらんし…  解凍しちょったき最後にご飯入れて卵を潰し雑炊にしたけど、たっすいスープは生卵を受け止めきれいで、ぬるく薄いタマゴ汁みたいになって食えたモンじゃなかった。んで甚だ遺憾ながら便所へ捨ててしまいました。  カトキチさん、わしゃおたくの冷食は大好きで、そばやうどんは釣行でもよう食わしてもらいゆう。けんど鍋焼きラーメンはイカンかったねえ… 鍋焼きラーメンは親鳥をつこうて、啜った麺をオカズに飯が食えるくらい味が濃いもんで。ほんでわしは濃い汁に飯を入れ、卵を潰して味を円やかにして食いゆうがやき。ネギはもっと大きくきって、チクワももっと……   冷食やき仕方ないとこもあるがかもしれんけど、最近の技術やったらちゃんと店の仕上がりを再現できるがやないが? それとも万人受けするようにちょいとツツイタかえ?  とにかく、これを高知、須崎の鍋焼きラーメンやと思われたら困るんよ…  改良お願い申し上げます…
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

吉良さんの(ザ・芋)

2009-11-11 18:10:27 | Weblog
こないだの大橋釣行でも、吉良さんはダンゴにも、クワセにも、食料にも芋を使いよった。いつものように何故か少し慌てながら「いけねえ、芋食わなきゃ。どうだデッカイだろ~、食うかい?」と言いながら、自分の顔ほどもあるデカ芋にかぶりついていた。ふと真面目な顔になり語る。「この芋、こんなでっかくて安いってのは、わたしが思うに家畜の飼料用だね。」いや、吉良さんいっつも美味そうに食いゆうやん。  この日吉良さんがバケモノ用にセットしたクワセが凄かった。ダンゴと同じぐらいの大きさのまるったの芋をヘアリグにぶら下げ、「これに食ってきたらバケモノだぜ。」と興奮気味に投入した。 わしも2年前にデカ芋を付けて投げ込みよったけど、カカリに入られて切れたことがあった。残念ながら今回はアタリがなかったけど、大橋みたいな確実にバケモノが居るようなとこで、こんな仕掛けを1本出しちょくのはやっぱりワクワクするなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大橋ダム釣行(デブ鯉) 4

2009-11-11 12:32:04 | Weblog
翌5日、あんまり寝れんかったわしを6時にセンサーが起こした!「吉良さーん!」とブラボーをゆすくり、崖を降りる。きちゅう竿は、前日の17時に餌交換したやつや。やっぱりこのクワセ優秀やにゃ~と感動。けんどあうち!またしてもカカリに入られた。降りて来てくれた吉良さんと餌を交換し、朝飯を食う。本を読みよったら8時にセンサー発動!竿近くで待機しちゅう吉良さんに声をかけ竿を握る。またカカリやし… この後昼過ぎで撤収した。  しかしここはいよいよカカルしいよいよアタル。疲れ果てたわしを、崖の野いちごが慰めてくれた… また来年来ようっと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大橋ダム釣行(デブ鯉) 3

2009-11-11 12:02:38 | Weblog
17時前より宴にした。吉良さんは美味い辛口ワインを開けてくれ、わしは揚げ餅を作った。 吉良さんの勧めてくれるワインはとても美味く、揚げ餅を食いながらぐいぐい飲んだ。 18時前に餌交換をし、お互いに「これでやっとちゃんと飲める」とニヤニヤした。他の県のメンバーは絶対こんなこと言わんけど、わしらあ高知県のメンバーは、互いに最後の餌交換を確認し本日終了みたいな気分で飲みだすことが多い。 おでんを温め、揚げ餅の残りを投入し、吉良さんの勧めてくれる日本酒とビールを飲みながら食った。 吉良さんと釣行して、こうやって飲むのは何回目やろ?気を使わんでえいし、互いに好きなことを言いあいゆう。なんとも居心地がえい。 ぽわんと酔うてきた時に車が一台停まり、山岳部隊さんが寄ってくれた。早明浦ダムの情報をいろいろ聞きながら飲み語る。 やっぱり鯉人と語るのは楽しいや。 んで19時を過ぎ山岳部隊さんが帰り、わしらも就寝した。その直後の20時、わしのセンサーが発動した! 「吉良さーん!」と叫びながら崖を滑り降りる。竿を持つとゆっくりまっすぐ沖へ行きゆう。よし!カカッテない。ゆっくり寄せ、100円のタモにようよ入れた。吉良さん来てくれんき、何とか写真を撮り逃がした。この鯉もかなりデブく、80センチを超しちょった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大橋ダム釣行(デブ鯉) 2

2009-11-11 12:00:52 | 釣り
12時、餌を交換しようと坂を下りよったらセンサー発動!わしは今考えると信じれんくらいのスピードで崖を滑り降りた!けんどガッシリカカリに入られていじょう動かん。結局5分くらいで切れてしもうた。その瞬間吉良さんの竿がしなった!けんどジーって3秒いうただけで引かんなった。センサーは発動しちゅうき吉良さんも降りて来るろうと思うたけどちっともこん。糸をつついてみたら、どうもカカリに入っちゅうにかーらん。 あれーって思いよったら吉良さんのもう1本の竿が曲がった!今度は辛抱たまらん!わしは「吉良さーん!」って何度も叫び竿を握った。ほんなら吉良さんは崖の上から「上げて上げて!すぐ行く!」と返答があったきやりとり開始。む~、なかなか重いにゃ~と思いよったら吉良さん到着。竿を渡そうとしたけんど、カカリに入られたっぽいもう1本の竿を手に取り、外そうとしだいた。先にこっちの鯉を上げてからでもよくないって思うたけど、結局わし1人でタモへ入れた鯉はこじゃんとデブい72センチやった。 んで吉良さんと記念写真を撮って逃がしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大橋ダム釣行(デブ鯉) 1 

2009-11-11 11:31:23 | 釣り
11月4、5日、吉良さんと大橋ダムへ行ってきた。わしは大橋より早明浦ダムへ行きたかったんじゃが、吉良さんがポイントを開拓したらしくってうんと大橋を勧めてくるき、わしもその気になってきた。 前日まで今年初の寒波が来ちょって、本山にも雪が降っちょった。大橋は標高も高いし、水温も低いかなあと思いよった。けんど10時にポイントへ着くと気温は6℃ながら、湖面からはもっくもっく湯気が上がりよった。 ブラボーの横へ車を停め吉良さんを探す。断崖をひょいと覗いたら縄ばしごが下へ垂れちょって、さらにロープと連結されちゅう。む~、わしはちょいとウメイタね。アタリがあったらココを降りて竿へ向かわないかんがやにゃ…  とりあえず空身で降下したら、吉良さんが竿を出すとこやった。わしも湖面をグイグイ睨み、投げ込む場所を決めた。んで竿を取りに崖を登る。しかしこの崖はキツイ。縄ばしごとロープで30メートルの断崖(ちょいと大げさ)を登らないかん。一往復しただけでメプチンを吸わないかんかった。 ヒューヒューいいながら道具を降ろし竿を2本出した。草木を刈り、杭を打ち込み、ロープをくくりつけルートを作ってくれた吉良さん、ほんとに頭が下がります。 ちゃんと朝飯食ったに、重労働したきいながら腹が減って車へ戻って、ホカ弁の鳥弁焼きそばを食いビールを飲んだ。 吉良さんはブラボーで昼寝をしだいたき、わしも車で本を読みウトウトした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加