萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

山岳点景:夏山水景

2016-07-04 15:20:21 | 写真:山岳点景
水の楽園



山岳点景:夏山水景

あんまり暑いので滝を貼ります、トップは白岩の滝@東京都日の出町。
この滝は二段になっていて下段は↓こんなカンジに迫力あります。



滝の道たどる渓流もきれいです。



次は尾白川渓谷@山梨県にある滝壺。



流れゆるいポイントもあり、のんびり足を冷やせます。



ラストは白糸の滝@山梨県小菅村、落水の風に煽られます。



落差36メートル、その水圧から生まれる風は木々も揺らします。



風圧×水飛沫もろかぶりが愉しいです、笑



で、おまけに陣馬の滝@静岡県。



陣馬の滝は集落にありバーベキューやキャンプ禁止区域です。
地域のご迷惑にならないよう注意すれば小さいお子さんも遊びやすいオススメ水場です。



静かな集落の水辺はどこか神秘的です。



紹介した渓谷はどれも駐車場所から入りやすい場所にあります。
が、上三つは山道×苔で滑りやすいポイントもあるので軽登山装備が無難です。
渓流ルートはどこも湿気が多い=橋・梯子が腐り落ちる+苔で転倒のキケンもあります、足もと注意で。

また夏山は、
○マムシなど蛇・蜂・山蛭ヤマビルなど噛まれ刺されるモノあふれています、長袖長ズボン推奨です。
○夏のクマは痩せて敏捷=追われたらアウト、写メ撮っていないで速やかに遠退いてください。小熊は母熊が近くにおり特に危険です。
○熱中症や脱水症状を防ぐため定期的に水を呑む+塩分などのミネラル補給も心がけてください。
○水の照り返しは思うよりも強烈でカナリ日焼します、日焼け止めでの予防も有効です。
○水に入るとき足場と流れのレベルをよく見極めて下さい、自然の水場は想像より急流×滑りやすい足場です。

あと注意※念のため。
直下まで入れる滝も多いですが、落差+水量による水圧×風圧は天候などで変化します。
急な水量変化は自然の水場ならドコでも日常的にあることです、鉄砲水など注意してください。
あと・・滝行が流行りだそうですけど・素人判断で滝にかかると→水圧で頸椎捻挫→半身不随なんてことも当然あります。

山の水場は危険もありますが、澄んだ冷たい水はかなり気持イイです、笑
装備&体調きちんと整えて安全第一に楽しめたらいいですね。

夏の休日計画のご参考になれば嬉しいです、笑

第133回 過去記事で参加ブログトーナメント - ダイエットブログ村
第133回 過去記事で参加ブログトーナメント

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へにほんブログ村

blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ FC2 Blog Ranking

PVアクセスランキング にほんブログ村
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑談夜話@留守の番人 | トップ | 花木点景:森の鐘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。