萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

写真訳詩:水仙×William Wordsworth

2017-04-24 11:52:00 | 文学閑話翻訳詩
森、一万の星。


写真訳詩:水仙×William Wordsworth

I wander'd lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees
Fluttering and dancing in the breeze.

Continuous as the stars that shine
And twinkle on the milky way,
They stretch'd in never-ending line
Along the margin of bay:
Ten thousand saw I at a glance
Tossing their heads in sprightly dance.

ひとつ雲のように僕は独り
谷と丘を超えてはるか高み流れ、
いきなり僕は群落に逢った、
黄金の水仙あふれて、
湖の畔、木々のもと
やわらかな風にひるがえり踊る。

きらめく星となって連なり
天空の川にきらめき、
はてしない線にのびゆき
入江の端まで沿ってゆく。
一瞥ひとつ 一万が僕を見た
花のかんばせ仰ぎ 朗らかに踊って。

【引用詩文:William Wordsworth「The Daffodils」抜粋自訳】


休憩ひといき、花写真×翻訳詩、笑
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
著作権法より無断利用転載ほか禁じます

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末雑談:散歩と電力@自由休日 | トップ | 写真訳詩:天外雪原×William ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文学閑話翻訳詩」カテゴリの最新記事