萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

第85話 春鎮 act.15-another,side story「陽はまた昇る」

2017-01-30 22:35:29 | 陽はまた昇るanother,side story
門へ、
harushizume―周太24歳3下旬


第85話 春鎮 act.15-another,side story「陽はまた昇る」

人がざわめく、刻限が近い。

学生服にコート、そんな姿あちこち目立つ。
もうじき約束の人もくる、速くなる足どり友達が笑った。

「なんか周太、すごい緊張してるだろ?」

人波のキャンパス、図星まっすぐ笑ってくれる。
そんな速足コンバースに深呼吸ひとつ、ほっと笑った。

「そうみたい…自分の時より緊張してる、賢弥も?」

自分事なら、もう少し気楽だ。
こんな本音に眼鏡の瞳からり笑った。

「うん、俺も緊張してきた。小嶌さんなら大丈夫だって思うんだけどさ?」

きっと大丈夫だよ?
そう笑ってくれる隣に息ひとつ微笑んだ。

「そうだよね…だいじょうぶ、」
「そうだよ、青木先生も小嶌さんについては心配なこと何も言わなかったしさ、」

明朗な声がうなずいてくれる。
その言葉に思案まためぐりだす。

『私は湯原君にここの大学院へ来てほしいと思っています、先ほどの事情も忘れたほうがいいなら忘れますよ?』

青木准教授、あなたの言葉ほんとうに?

―先生は知っても仰ったんだ、でも…本当に解っているかは、

篤実な人だと知っている、でも「解って」は難しい。
それほど普通は関わりない世界で、何よりも願ってしまうのは、

―先生には関わってほしくないんだ…純粋に学問だけ考えててほしいもの、ね、

学問の喜びを教えてくれた人、だから関わってほしくない。
だから甘えて良いのか迷っている、けれど呼ばれた。

「なあ周太っ、なんか田嶋先生カッコよかったな!」

ぽんっ、

敲かれた肩に闊達が笑う。
キャンパス人波を遡る隣、その眼ざしに微笑んだ。

「ん、…うれしかった僕、」

うなずいて温かい、鼓動ふかく響く。
今めぐらせる想い沁みて、そんな笑顔は言ってくれた。

「俺もうれしかった!もういいじゃないか、って嬉しいよな?」

明朗な瞳ほころぶ、まっすぐ見つめて笑ってくれる。
見つめながら止まらない歩みは朗々、続けてくれた。

「もういいじゃないか、無鉄砲にこい若造ってさ?なんだろあれ、シビレるってヤツかっ?」

喧騒かきわけ闊達が透る、チタンフレームの瞳が笑う。
人波にも離れない笑顔はふっと眼ざし細めた。

「もういいじゃないかって周太、想えそうか?」

訊いてくれる、全て気づいても。
この瞳ちゃんと向き合いたくて門の前、立ち止まった。

「想いたいよ、賢弥?僕は…ここにいたいんだ、」

呼びかけて見つめて、眼鏡の瞳が見つめてくれる。
明朗まっすぐ自分を映す、その想い問いかけた。

「僕、田嶋先生と青木先生に教わりたいんだ、もっと…ご迷惑かけても、迷惑の価値があったと思ってもらえるくらい、勉強したい、」

学びたい、自分は。

ただそれだけの願い、でも、現実は甘くない。
それくらい自分は危険な場所にいた、その危険いつ果てるのかも解らない。

「賢弥、僕はほんとうに迷惑をかけるかもしれない、だって…父はそれで亡くなったんだ…」

声になる、その過去がキャンパスうつろう。
この場所を父も選びたかった、そんな過去と今に微笑んだ。

「さっき研究室で言ったでしょ?父も…警察を辞めて大学に戻るって決めて、それで…今の僕と似てるんだ、」

低めた声、それでも眼鏡の瞳が見つめてくれる。
人波ながれる門の前、まっすぐな眼ざしは訊いてくれた。

「さっきのって…学者として生きて、そのために亡くなったってやつ?」
「ん…そうだよ、」

うなずいて木洩陽ゆれる。
風すこし出てきた、でも陽だまりは温かい。

「それでも賢弥…僕はほんとうに、無鉄砲になってもいい?」

陽ざし問いかける、梢の明滅うつろい揺らぐ。
こんな問いかけ酷だろう、それでも聡い瞳は笑ってくれた。

「五十年後も一緒に笑ってるよ俺、それでも選ぶ価値があったなあってさ?」

門かたわら陽だまり、浅黒い笑顔すこやかに明るい。
この笑顔と年月ずっと学べる?ただ願い口開いた。

「五十年って半世紀だね…僕たち七十過ぎてる、」
「おたがい爺さんだよな、国公立大の教授なら引退してんぞ?」

朗らかな笑顔うなずいてくれる。
屈託ない闊達の眼ざしに溜息ひとつ、ほっと笑った。

「ん…賢弥も退官してるね?」
「だなあ、二人で研究所やってるかもしんない?」

朗らかに応えてくれる、その言葉どこまでも明るい。
ほんとうに叶えばいい、想いにダッフルコートのポケット震えた。

「お?周太のスマホ鳴ってんぞ、」

振動に震える、期待が。

「…うん、」

誰からだろう、メール、電話?
待ちわびる相手だろうか、それとも別人?

―昨日の返信、かな…まだ着ていないもの、

昨日あのベンチから送った、その返信だろうか?
それとも今日の待ち人かもしれない、誰か他?
期待、不安、ためらいに振動三回、止んだ。

「…メールみたい、」
「小嶌さんかな、」

訊いてくれる視線は温もり明るい。
開いてみなよ?そんな促しに受信ボックス開いた。

「…あれ?」

差出人名に止まる、だって意外だ。
予想外の便りに訊かれた。

「あー…ごめん周太、俺、見えちゃったんだけど?」

声にふりむいて眼鏡の目と合う。
チタンフレームごし困ったような、けれど明朗にやり笑った。

「見たから訊くけど、カノジョ候補?」

なんでそうなるの?

「え…そんなんじゃないよこれ、」

否定して首をふる、本当にそんなんじゃない。
こんな誤解とまどうまま闊達な声が笑いだす。

「そんなんだろコレ?小嶌さんには内緒にしとくから、」

わかってるよ?
そんな視線が笑って肩を敲く。
こんなこと誤解だ、困るまま首を振った。

「ほんとにちがうよ賢弥、美代さんにないしょって、なんでそんな言うの?」
「だって小嶌さんが知ったら嫉妬するだろ、」

かろやかに答えてくれる、その言葉に息のんだ。

「…しっとって、なんで?」

なんで賢弥、君までそんなこと言うの?
驚いて見つめる真中、明るい眼は笑った。

「嫉妬するだろ、あんなに好きなんだからさ?周太も解ってんだろ、」

あたりまえ、

そんな眼ざし見つめてくれる。
その言葉に視線に、ほら、大叔母の声が聞こえだす。

『背中を追いかけたいけど我慢して、笑って手を振っても涙がでて気づいたそうよ?』

ほんとうにそんなふうに、美代が想ってくれるのだろうか?

「…賢弥、どうしてそう想うの?」

この友人も大叔母と同じことを言う、その見解を聴いてみたい。
立ち止まる門の前で率直な眼は答えた。

「泣いたんだぞ?あの小嶌さんが研究室で、」

深い明快な声に刺される、その言葉に。

「…どうして、」
「どうしてって、周太が来なかったからだろ?後期試験の日だよ、」

答えてくれる声は温かい。
その温かな瞳が笑ってくれた。

「周太のお祖母さんと研究室に来て、青木先生の前で泣きだしちゃったんだよ。先生とお祖母さんが話す間、俺が慰めてたんだからな?」

そんなことが、自分の眠っている間に?
どう考えたらいいのだろう、鼓動ただ大きくなる背ぽんと敲かれた。

「そんなわけだから周太、俺やっぱ遠巻きに見てるな?」

え、なに言ってるの?

「…なんで?賢弥も合格発表つきあうって約束したんでしょ?」

約束したと聞いている、それなのに何で?
わからなくて見つめた真中、額こつり突かれた。

「おーい、ニブすぎ周太、」

こつん、一発また額つつかれる。
真中ちいさな痛みに友達が笑った。

「結果どっちでも研究室に戻って来いよ、よろしくな周太、」

さわやかな笑顔ぱっと踵かえす。
ブルゾンの背すぐ人波に消えて、呼吸ひとつ呼ばれた。

「湯原くんっ、遅れてごめんなさい!」

あ、鼓動ひっくりかえる。

「っ…、」

息をのむ、だって今さっき噂していた。
それに今さっきのメールもだ、つまる鼓動に深呼吸ふりむいた。

「だいじょうぶ、僕も今来たから…行こう美代さん?」

少しだけ嘘だ、今来たなんて。
ちいさな嘘の真ん中、ベージュのコート姿は頬やわらかな紅。

(to be continued)


にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村

blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 

PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳点景:既視感 | トップ | 山岳点景:氷渓の蒼 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

陽はまた昇るanother,side story」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。