萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

休日雑談:秋晴のインドア

2016-10-15 08:30:00 | 雑談
ひさしぶりの秋晴れ青空、
でも風邪の症状しっかり出てる=山なんか行けるわけがない、それでもやっぱり、

あー今日ほんと登ったら気持ち良かったろうなあ。。。

とつい思うので、
去年今ごろ頂上@北奥千丈岳から秋の蒼、



登山口までの林道は落葉松の黄葉が見事、



金茶色、深緑、秋深まる色そまる奥秩父山塊、



この左サイド↑冬枯れた山間を見ると解かりますけど、かなりワインディングロードなので運転注意。
見惚れたくなったら広めの路肩に停車しましょう、笑



標高2,601メートル奥秩父山塊の最高峰、山頂360度パノラマが好きです。



登りたかったなあ今日、なんて思いながらぼーっと座っているPCごし、
キャットタワーからの視線なんだかゴキゲン、おもちゃ投げるくらいはしないとです、笑


撮影地:北奥千丈岳@山梨県

北奥千丈岳の山頂は岩場×吹きさらし、強風と天候悪化は要注意です。

○夢の庭園までは散歩気分で登って来る人もいます、が、その先は登山装備が必要です。
○360度パノラマ山頂=逃げ場なし、落雷・強風が危険なポイントになります。
○登山ルートは隘路・細い木道あり、振向き・すれ違いの際にザックで人を払い落とさないよう要注意。
○登山口の大弛峠へむかう林道は曲がりくねったワインディングロード←運転注意!車酔い弱いひと危険です。
○岩場が多いため雨・雪のあとは特に滑りやすくなります、登山靴のグリップしっかりで。
○分岐点がいくつかあるルートです、間違えるとエライことになるので要注意※どんなエライことかは登山図で確認を。
○2,600超の吹きさらし山頂は気温かなり低め、登山ウェアしっかりで体温低下を防いで無難です。

大弛峠は百名山で知られる金峰山の登山口でもあります、そのため悪天候時、

「金峰山あきらめて北奥千丈岳・国師岳にしとこー」

なんて人もいますが、悪天候時の登山自体が危険+吹きさらし山頂は雷雲と濃霧強風の巣です。
風に低体温症を起こす、濃霧に踏みちがえ転滑落・道迷いからの疲労凍死、なんてことはベテランも他人事じゃありません。
悪天候時登頂がカッコいいーなんて勘違いしているヤツは単純ただただ迷惑です、救助する側のリスクと迷惑を考えましょう。
それでも登るなら「遭難しても救助不要」と近親者に遺言して登りましょう、笑

思い切って挑戦!! 9ブログトーナメント
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村

blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 

PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第8章 Minerva 智慧の盾 act... | トップ | 山岳点景:初秋の水面 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dan)
2016-10-15 23:03:06
心身ともに浄化されそうです。
本当に美しい秋の山の様子。空も林も遥かな
山並みも、実際にこの景色を見ることが出来たら幸せでしょうね。
快晴の昨日登山したい気持ちは分かりますが
風邪気味とのこと気をつけて下さい。
相棒さん嬉しそうですね。
danさんへ (智)
2016-10-15 23:07:33
山梨の稜線はすこし厳しくて、そのぶん高い空色きれいです。
ほんと今日は登りたかったけど、一日ぐだぐだ寝たり小説の続き書いたりしていました、笑
そんなわけで家から一歩も出なかった今日、悪戯坊主はご機嫌です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。