萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

神無月十二日、秋明菊― Nevertheless

2016-10-12 23:48:00 | 創作短篇:日花物語
言尽くせぬ、
10月12日の誕生花



神無月十二日、秋明菊― Nevertheless

君がゆえ 一露のこせし 無垢一輪


秋明菊:シュウメイギク、花言葉「多感なとき、淡い想い、忍耐、薄れゆく愛」
【引用詩文:自詠歌】

詩は心ブログトーナメント - ポエムブログ村
詩は心ブログトーナメント

(無料ブログランキング参加中)
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村

blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 

PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳点景:山霧の初秋、色彩 | トップ | 山岳点景:秋野にて »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dan)
2016-10-13 15:46:19
しばらくは見とれていました。
玄関の花もこんな感じでもう一カ月も咲き継いで
私を楽しませてくれます。
誕生日の花と知ったときの感慨は忘れられません。
前にも言った気がするけど「花言葉」がちょっと
気になります。
「忍耐」ほほほ彼がしたのかなあ。
このブログ私に書いて下さったと思うのは
いい気になり過ぎでしょうか。
本当に嬉しいです。
有難うございました。
danさんへ (智)
2016-10-13 20:44:01
秋明菊の花言葉については諸説あるみたいです。
「薄れゆく愛」は薄紅色の花が色褪せてゆく様子からだそうで、白花には該当しない花言葉ってことになります、笑
ソンナワケでタイトルも歌意も白花にそったもんにしました。
この記事はdanさんのお話から書いたので喜んでもらえたなら嬉しいです、笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。