萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

皐月十六日、芍薬― Paeon

2017-05-16 23:09:04 | 創作短篇:日花物語
有限なれば、今 
5月16日の誕生花


皐月十六日、芍薬― Paeon

ふるさとの縁側、あなたがいない。

「…伯父さん、」

呼びかけても呼んでくれない、たった二日でもう違う。
一昨日はここに並んで座った、その板敷にひとり腰おろす。

「は…」

ため息そっと青葉が香る。
木洩陽また明るくなった、もう春が終わる。
夏になれば蛍も飛ぶだろう、その泉が光の底から音くゆらす。

ことと…っことっ、

湧きいずる音、響く水。
木洩陽ゆらせて水が鳴る、あの庭木立むこう波光るだろう。
縁側からでも潺が見える、それくらい馴染んだ庭を風まどろむ。

-ひとりってこんなに静かなんだ、この家は、

静寂たゆたう風、水、光ふる庭。
誰の声も気配もない、自分の鼓動すら静謐とける。
こんな時間に大伯父はいつも住む?想い、その声そっと響く。

『でも医者になるため新宿の学校と決めたのだろう?決めたなら潔く貫きなさい、』

医者になる、そう自分が言ったから大伯父は独りここに住む。
それでも自分の養親で、それなのに親子の記憶まだ何もない。

「伯父さん…はやく帰ってきて、」

願い、声にして風光る。
こんなふう大伯父もつぶやいたろうか、独りここで。
その時間すこしなぞりたくて独り、座る縁側に薄紅きらめいた。

「おーい雅樹、腹へってないかー?」

朗らかな声、それから花たずさえる手。
青葉まばゆい庭木立、あらわれた長身に瞬いた。

「え…明広さん?」
「おう、勝手に車停めたぞ?じゃまするな、」

薄紅の花ゆらす笑顔、日焼あざやかに眼ざし涼しい。
Tシャツに登山パンツ闊達な長身、すとん、隣に長い脚くんだ。

「なんだね雅樹、昨日の今日でズイブン痩せたな?色白とおりこして青く透けてるぞ、」

深い明るい声が笑いかけてくる。
あいかわらずの従兄に息ひとつ、ほっと力抜けた。

「うん…明広さんは日焼すごいね、穂高だっけ?」
「そ、まだ銀世界だから雪焼けだね。で、おふくろからコレ見舞いの花、」

涼やかな瞳が笑って花さしだす、その手が大きい。
自分より大きな掌、この違いに声こぼれた。

「…僕が大人だったら、」

自分が大人だったら、きっと違う今日。
けれど成長しきれない隣で青年が笑った。

「中坊にしちゃズイブン大人だろ、雅樹はさ?焦るなよ、」

伸びやかな登山パンツの脚、ゆったり組んで従兄が笑う。
その眼ざし明るいくせ落ち着いて、見せられる齢の差に言った。

「焦っても無駄って解ってるよ?でも、雅嗣伯父さんが救けを必要としてるのは今なんだ。今、僕が明広さんの齢なら医学生だったのに、」

あのひとを救けたい、そしてこの場所にもう一度。
願いひとう見つめる真中、涼やかな瞳が微笑んだ。

「だね、でも中坊の雅樹だからできることあるだろ?」
「たいしてないよ、今の僕じゃ、」

答えて風そっと青葉が香る。
木洩陽きらめく縁側の朝、ならんだ長身が言った。

「タイシテナイならナオサラ飯きっちり食いな?医者目指すヤツが病気とかアウトだろ、飯食ったら見舞い行くぞ、」

ぽん、背中はたいてくれる手が大きい。
ふれた温もりシャツ透って、そして言ってくれた。

「おまえの元気な笑顔きっちり見せてやんな、ソレが雅嗣伯父さんにはイチバンの特効薬だね?」

涼やかな眼ざし、けれど温かい。
その大きな手から花束ひとつ、薄紅やわらかな光。


芍薬:シャクヤク、学名 Paeonia lactiflora「Paeonia=ギリシア神話の医神 Paeon」
花言葉「謙遜、bashfulness 恥じらい・はにかみ、compassion 思いやり」

にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ
著作権法より無断利用転載ほか禁じます

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
小説
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第85話 春鎮 act.33 another... | トップ | 写真訳詩:森の時間×William ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dan)
2017-05-17 11:41:59
なんだか切なくて優しい。
旧家のたたづまいと小説の内容がばっちり。
三人の男性の姿が目の当たりに。
そして清楚で優しい芍薬の淡い薄桃色が似合います。
悟さんの作品読むと、こんなの私も書きたいとつい思って
ひとりで赤面しています。
毎日楽しみにしているのですから。
danさんへ (智)
2017-05-19 08:16:23
楽しみにしてもらえて嬉しいです、笑
芍薬×連載している小説の主人公で書いてみました。
で・前回も返信に書かせてもらったんですが・・・
最近「悟」と呼んでくれますけど、自分は「智」です、
なんか理由こだわりがあるんですか???
Unknown (dan)
2017-05-19 13:44:46
ごめんなさい
智さん。うっかりミスです。
大切な名前間違うなんて私もだめですね。
年のせいにしてはダメです。
今後きをつけます。
danさんへ (智)
2017-05-19 22:29:27
なんか意味あるのかと思いました、
自分宛の言葉であるなら良かったです、笑
いつもコメントありがとうございます、励まされているんですよ?
ついでに・たまーーにはランキングバナー押してくれるとまた嬉しいです、笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。