萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

山岳点景:白銀春秋

2017-09-12 10:30:11 | 写真:山岳点景
まどろむ春雪×目覚めの秋雪


山岳点景:白銀春秋

上は今年4月1日、暦の春も山上は白まばゆい銀世界。
下は去年11月12日、下界の紅葉はるかな雲海×銀稜線。


雲上の足もとは雪、冷厳まばゆい銀世界。


第42回 ☆私の趣味はコレです!☆ブログトーナメント
撮影地:戦場ヶ原@栃木県日光市、北奥千丈岳から望む南アルプス@山梨県2016.11

山は10月から雪の季節、標高3,000超えれば9月の降雪もあります。
○急な降雪・積雪もあります、雪に耐えられる装備=軽アイゼン・ゲイター・ストックほか必携で。
○春は雪崩の多発期です、降雪当日&翌日は雪崩が起きやすいので無理な登山はNG。
○秋の山は日暮×気温低下あっという間→14時には下山完了しないと樹林帯の闇+足もと凍結に悩まされ遭難の危険が高まります。
○積雪期はコースが解りにくい←雪で道も道標も埋まる+降雪や靄による視界不良、ルートファインディング技術必須。
○積雪による体力消費←標準コースタイムの1.5~3倍かかります、ってくらい歩きにくいです→道迷いから疲労凍死もメズラシクありません。
○雪原に踏みこむことは植生保全のため無許可NG、スノーシュー使用は管轄ビジターセンターor山小屋or市町村役場・自然博物館に要問い合わせ。
(戦場ヶ原は日光自然博物館がスノーシューツアーなど行っています)
○戦場ヶ原はコースが木道+橋=冬季は雪で埋もれ分かりにくいです&コース逸れると転落の危険があります。

今日の戦場ヶ原もコースアウト落ちた形跡いくつも見ました、
雪に埋まると低体温症・水場に落ちればもっと危険が高くなります。
○大弛峠から北奥千丈岳ルートは最初の木道が凍りやすく転滑落の危険があります。
○北奥千丈岳山頂は360度パノラマ=風が荒れています、気温かなり低いので防寒装備しっかりで。
○北奥千丈岳は悪天候時の登山厳禁←標高が高い×全方向から吹きさらしのため、雷雨や風から逃げ場がありません→遠雷を聞いたら即下山。
にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街角点景:帰り道、朱空 | トップ | 第9章 Aither 天上の光 act... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真:山岳点景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。