萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

深夜雑談:晩酌かたわら猫

2017-05-18 23:59:16 | 雑談
あと5分で金曜日、今週も週末、
そんな今夜ちょっと帰りが遅くなり、駅ビル地下にて惣菜でも買おっかなー眺めて、
そしたら並んだデリカ3軒、左から順に繁盛行列ができていた。

あ、右端だったらスグ買えるな?

で、ひさしぶり焼売その他を買い、
ついでに左隣の店でも総菜を買って←閉店前の割引していたお得感、
あーこれで楽ちんできるなーうれしいなーと電車に乗って、ヤヤ混んでたけどまあいいかって程度で、

あ、焼売けっこう匂う?

なんて思いながら文庫本を読みながら電車は着いて、
もう駅前のビストロはラストオーダー終了、でも食事の笑顔がウィンドーから明るい。
居酒屋はまだまだ営業中、やっぱり窓に笑顔たくさん呑兵衛シアワセ楽しげ、笑
木曜の夜=週半ば過ぎ、そんな寛ぎなんだかイイ。

そんな道を通って公園あたり、新緑ひっそり薫る。
駅前ちょっと歩いただけ、それでも喧騒は遠くなって帰宅して、

ただいまー、

って開いた玄関扉、カワイイ声が部屋の奥から返事してくれる。
あれ今夜はお出迎えしてくれないんだなー思ったスグ、真っ白もふもふ駆けてきて、
帰宅の恒例なでなでスリスリして後、あくびノンビリ眠たげな悪戯坊主にゴハンあげて、

遅くなってごめんなー、

なんて言いながら風呂すませて今、買ってきたモンならべて晩酌はじめて、
焼鳥ぼんじりモチロンおいしいんだけど、焼売カナリオイシイのにびっくりした。
駅地下の出店だから思ってたけど・ナカナカあなどれない、笑

おー試食でもおいしい思ったけど美味いなあーコレ、

なんて満足した焼売は横浜中華街に店があるらしく、
ひさしぶり中華街もいいなあーなんて思ったり。

そんな晩酌のかたわら微睡猫の悪戯坊主、笑


ほっとする暮らし55ブログトーナメント
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
著作権法より無断利用転載ほか禁じます

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第9章 Aither 天上の光 act... | トップ | 山岳点景:立夏ゆく森 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。