萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

第85話 暮春 act.26-side story「陽はまた昇る」

2017-06-23 23:00:17 | 陽はまた昇るside story
Drown my world with my weeping earnestly,
英二24歳3月下旬


第85話 暮春 act.26-side story「陽はまた昇る」

“愛しい君へ”

何が違ったのだろう、自分は。
この手紙を宛てられたひと、その人と自分は何が?

どうして?

「…どうして俺はダメなのかな、」

問いかけ潮騒ふれる、カーゴパンツ沁みる岩が硬い。
波ながめる足もと若草なびく、ほろ甘い苦い辛い風。

「だめって英二、何についてかしら?」

低いアルト微笑む、その瞳が切長い。
自分の眼とすこし似ている、でも違う。

「ここだよ、」

ブルーブラック指さして筆跡なぞる。
綴られた言葉ひきよせる、よせる波くりかえす想い笑った。

「愛しい君へってさ、俺、いちども言われたことないんだよ?」

どうして自分は、言ってもらえない?

「英二…?」
「言われたことないよ俺、ほんとにさ?」

笑いかけて朝の海、祖母の瞳が映る。
皺も華やかな目もと似ていて、それでも違う人に笑った。

「母さんはもちろんだけど、姉ちゃんにも言われたことないよ?父さんにも、」

愛しい君、

そんなふう微笑まれ育ったら、自分は違ったろうか?
けれど誰にも見つめられなかった現実に海が香る。

「お祖父さんにもない、鷲田の祖父は想ってるらしいけど言われたことはないよ?能力を褒めてもらうことはあるけどさ、」

父母も祖父も、姉も、誰も自分を呼ばない。
家族にすら呼んでもらえない感情に微笑んだ。

「愛してるって、あなたにも言われたことありませんよ?お祖母さん、」

自分と似ている、そう思うことも多い。
けれど愛されているだろうか?解らない感情に潮騒さざめく。

「家族にも無条件の愛情はもらえなかったんだ、そんな俺が他人を愛せるわけないですね?」

もし愛されていたら、愛せたろうか君を?

―…英二、どうして?

響きだす、君の声。

―…どうして英二、わかってくれないの?

潮騒に君が問う、記憶ふかく涙が光る。
黒目がち滲んだ瞳まっすぐ見あげて、泣いている君の心。

「お祖母さんが言う通りですよ、俺は周太を傷つけてばっかりです。愛してるつもりで違ってばかりだ、」

なんど傷つけたろう、泣かせたろう?
まだ2年も経ていない君との時間、それなのに涙の数が多すぎる。

「この手紙で俺にも解ります、これは斗貴子さんの言葉だけど周太そっくりだから、」

そっくりだ、君とこのひとは。

「ここ、さっきお祖母さんも言ったところ、」

指さして筆跡、ブルーブラックあざやかに告げる。
コピーされた手紙、それでも響きだす想いの聲。

「君のお祖父さんに新しい奥さんを迎えてとお願いしました、ってとこね?」

祖母の声なぞってくれる、この声は彼女とたぶん似ていない。
それでも繋がれた血縁の聲に微笑んだ。

「周太も同じことしたんです、俺に、」

同じだ、このひとも君も。
だから違うのだと解って、その差が悔しい苦しい。

「周太くんが、英二に?」
「そうですよ、俺たちはリスクだらけでしょう?」

微笑んで潮騒ほろ苦い。
ずっと最初から解っていた、それでも選びたかった。

「男同士で、警察官なんて明日が解らない仕事で。それに周太は馨さんの真相を知ろうとしてた、だから危ない部署にいたんですよ?」

なにひとつ生みだせない、明日も解らない。
いつが最後の言葉になるか知れない、それでも選びたかった。

「周太が何をさせられていたか、あなたも調べましたよね?お祖父さんの書生が検察庁で出世してるから、長野でも間に合ったんでしょう?」

そういうところ自分と似ている、この人も。
それでも通わない感情へ微笑んだ。

「周太は俺を危険に巻きこみたくないって言ってたよ、それで他の誰かと俺がつきあうように仕向けたんだ、二度も、」

いつも君はそうだった。

「二度って英二、男性と女性に?」
「あいかわらず冴えてますね、あなたは、」

肯定と笑った真中、切長い瞳ゆっくり瞬く。
考え廻らす視線に微笑んだ。

「小嶌さんと俺にデートさせたんですよ、ふつーにお茶飲んで終了させましたけど、」

あの時間ずっと昔に感じる、それくらい遠い感情。

「美代ちゃんに聴いたわよ?告白したけど憧れと恋愛は違うって諭されましたって。気づいてて英二、かわしたんでしょう?」

低いアルトすこし笑っている。
あいかわらず華やかな笑顔に微笑んだ。

「周太の女友だちを相手にするとか悪趣味すぎですよ、女は責任問題になるし、」
「そうね?なるほど、」

祖母の声がうなずく、その視線が言った。

「妊娠の嘘に騙されたこともあったわね、英二も。騙されて、警察学校を無許可で脱け出して、」

こういうカード、このタイミングで切ってくる。
だから嫌な相手に笑った。

「殺されたら可哀相だと思ったんだよ、鷲田の祖父ならやりかねないでしょう?」

そういう祖父だ、そして自分は似ている。
それが嫌で逃げたかった想い言われた。

「安易に体をゆるす女性は口も頭もゆるいと判断されるわね、それでは鷲田のお家は務まらないでしょう?」

判断される、務まらない。
そんな言葉たちに自分も視られてきた。

「そうですよ?おかげで俺も嘘が巧くなりました、」
「英二の嘘は本心からだものね、みんな騙されてしまうわ、」

ほろ苦い甘い潮騒、声ふたつ笑う。
共に笑って、けれど外れない壁のまま微笑んだ。

「俺も俺自身を騙してますよ、周太じゃない男とセックスしてからずっと、」

どうして、あんなことしたのだろう?

「ずいぶん露骨に言ってくれるわね、こんなオバアサン相手に?」
「あなただから言えるんですよ、」

微笑んだ潮騒に呆れた視線が笑う。
切長い美しい瞳に口開いた。

「男の愛人なら面倒がないと中森さんにも言われました、結婚しなくても優秀な子供を作ればかまわないそうです、」

跡継ぎが出来ればいい、それで自由になれる?
けれど何のために自由を?

「鷲田の祖父は愛人としてなら周太を受け入れると思いますよ、でも周太はそんなの似合わない、」

君を「愛人」にしたくない。
それでも諦めきれない煩悶、声になる。

「周太は苦しんできたんです、秘密だらけで父親が殺されて、友達もいなくて、母親と二人で孤独で。警察官だって本当になりたかったわけじゃない、でも、それでも背中まっすぐにしてる周太だから…俺は好きになったんです、」

好きだ、今も。

「はっきり言えば周太は不幸まみれだ、でも周太の眼きれいでしょう?不幸でも穢れない周太が不思議で、どうしようもなく好きになって、」

好きだ、どうしようもなく。

「男同士なんてバカげてるって思いました、男だらけの環境に錯覚してると思ったし、同性愛の差別も知ってるし、それに」

バカげてる、錯覚かもしれない、差別のリスクも高い。
そんなこと解っている、それに、

「それに俺も、ふつうの、幸せな家族がほしかったんです。信じられないでしょう?」

ふつう、普通、ふつうの幸せ。

ありふれたあたりまえ、それがほしかった。
それだけ自分こそ「不幸まみれ」なのだろう、いまさらの自覚に微笑んだ。

「ただ愛してるって言われたかったんです俺も、この手紙にあるみたいな幸せが俺もほしいんだ、」

だから「どうしようもなく」君だった。

「出会ったころの周太はこの手紙まだ読んでないけど、それでも斗貴子さんの愛情は周太のなかに生きてたよ?俺なんかにも解るくらいに、」

だから君だ、こんなに愛されている君だから。

“愛しい君へ”

この言葉ほしかった、自分も。
ずっと求めて探して、それなり傷ついて、どこか醒めていった自分の感情。
ただ不信感だけ募らせて、それでもどこか期待して願って、出逢ってしまった想い微笑んだ。

「こんな俺を抱きしめて泣かせてくれたんだ、こんな俺を愛してるって本気で言ってくれたんだよ?初めてだったんだ俺、」

初めてだった、自分こそ。

「愛してるって本気で、心の底から抱きしめられたの初めてだったんだ。だから俺、ぜんぶ捨てても周太がほしかった、」

愛しい君、そう言ってくれた初めてのひと。
だから命も懸けたかった、なにもかも君に。

「お祖母さん、こんな俺を愛してくれたのは周太だけです。今は心が離れたんだとしても、俺も一度は愛されたんです、」

愛してもらった、自分も。

「周太だけが俺を見てくれたんです、能力とか貌じゃなくて俺を見て、俺を愛してくれた唯一人です、」

ただ一度、唯ひとり愛してくれたひと。
だから追いかけてしまう、どうしようもなく逢いたくて、わからない。

「でも傷つけたんです、俺の自己満足で周太のプライドを傷つけて、周太の気持ちを利用して他の男を抱いて溺れて…どうしていいか俺はわからない、」

わからない、どうして、どうして?

「どうしたら周太をちゃんと愛せるのか解らないんです、どう愛していいか解らない、愛してるつもりが傷つけるばかりで、」

唯ひとり愛してくれたひと、その愛に返せない。
こんなに求めて愛して、それなのに、どうして?

「どうしたらいいのかな俺、こんなに逢いたくて傍にいたくて…でも、小嶌さんなら周太をちゃんと愛せるんでしょう?」

自分には出来ない、だから彼女が選ばれる。

「女で学者になりたくて周太と同じ道に生きられる、なにより彼女は愛されて育ってますよね?愛しかたを知ってる、」

嫉ましい、どうしようもなく羨ましくて。
どうして自分はそうじゃない?

「お祖母さん、どうして俺は彼女みたいになれなかったんだろう?どうして俺は愛されなかったのかな、」

どうして?

問いかけ見つめて潮騒が鳴る。
この波打ちぎわ君がいた、その夏はもう遠く遠く届かない。
あのとき隣で笑って見つめてくれた、抱きよせて温かで、その温もり包まれた。

「愛してるわ、ずっと、」

潮騒が鳴る、

「英二、愛してるわよ私だって…生まれる前から待ってたわ、」

潮騒ほろ苦い甘い、頬ふれる温度しずかに凪ぐ。

「あなたの無事を祈って待ってたわ、無事に生まれて抱っこさせてと祈ってたのよ私だって、」

背中ふれる温もり抱きしめる、ふれる温度かぼそい。
こんなに華奢だったろうか?

「信じられないでしょう?私も愛情表現へたくそなのよ、だからこの手紙を読んでほしかったの、斗貴子さんの気持ち私も同じだから、」

耳もと低いアルトふれる、こんなに近く聴いたことない。
いつも向かいあっても離れていた、その声が頬すぐ笑う。

「可笑しいでしょう?亡くなったひとに代弁してもらうなんて…こんなふうに私も伝えられたら良かったのに、ごめんね、」

潮騒やわらかに温かい、頬ふれる温もり沁みる。
肌つたう温度やわらかに静かに、ふれる。

「ごめんなさい英二、いまさらだけど…斗貴子さんみたいにはできない私だけど、あなたを愛してる、」

愛されていた、自分も?
ほんとうに?

「周太を俺から引き離したのに?」

疑念こぼれる、声になる。
ほんとうに?

「引き離したわ、幸せになってほしいから、」
「どうして?」

問いかけ背中、かぼそい温もり強くなる。
痩せた腕は老いた時間、その温度やわらかに笑った。

「子どもを抱く孫を見たいって、人並みの幸せは欲ばりかしら?」

人並みを、このひとも願うのだろうか?

「英二に愛することを知ってほしいのよ、無条件の愛情はいちばんの幸福感だから、」

やさしい温もり抱きしめられる。
かすかな花の香あまい、幼いころから知る香。
この香こんなに近いことあったろうか、その腕しずかに解いて笑った。

「俺は周太に無条件ですよ?俺の体を好きにされても、幸せでした、」

あの夜、どんなに幸福だったか君も知らない。
あの初めての感情と感覚に微笑んだ前、祖母の瞳ゆっくり瞬いた。

「好きにされてって、周太くんが英二を?」
「そうですよ、信じられないでしょう?」

笑いかけて可笑しい、自分でも不思議だ。
つい笑って視界ゆっくり滲んで、海が光る。

「信じられないっていうか、まあ…予想のナナメウエって、こういうことね?」

驚いた、その呆気が自分を映す。
こんな貌もするんだ?つい笑った真中、言われた。

「予想のナナメウエでもなんでもいいわ。覚悟して選んだ道でも予想外の道でもね、そこを通らなくては辿りつけない幸せがあるわ、」

低いアルト、潮騒に笑っている。
その瞳まっすぐ自分に告げた。

「英二も周太くんの道を肯定できるわ、愛しているなら、彼の自由も愛せる、」

祖母の声に海が香る。
ほろ苦い甘い風のほとり、聴いた声に聲に波まばゆい。
光くだける潮騒、砂に生える草、そして波うつブルーブラックの筆跡。

(to be continued)
【引用詩文:John Donne「HOLY SONNETS:DIVINE MEDITATIONS」】

第85話 暮春act.25
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
著作権法より無断利用転載ほか禁じます

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳点景:山湖夜景 | トップ | 花木点景:夏呼ぶ紫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。