萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

連休雑談:皐月の日焼

2017-05-10 21:21:00 | 雑談
待ちかねてたGW、天気もイイ日が多くて感謝で、笑
ソンナコンナは雄滝@山梨県小菅村で沢歩き、



なんで雄滝@小菅村だったかいうと歩きたかったから、
ぷらす・好きなイタリアンの店があるからで、笑
ひさしぶりにアレコレ食べて満足して、

それから三頭山@奥多摩へ行ったら、片栗カタクリがまだ咲いていた。



5月最初は八島湿原@長野県の浅い春、
残雪から吹く風は下界と別世界だった。



薄曇りあわい日照、
風まだ冷たい早春×ソノクセ太陽が出れば初夏、
起伏ゆるーい木道メインな山歩きはノンビリで、あー休日だなあって寛いで、

それから時間まだ早かったから、
どっかないかなー探して見つけた中山道二十八番の和田宿へ。



で、帰る車中なんだか腕ひりひりするなー思ったら、
手首と肘のあいだが真っ赤になっていた、笑

あーグローブとウェアの袖めくってた間かー、

なんて納得しながら帰宅して、
シャワー浴びたらヤッパリ日焼じわじわで、笑
そんな翌々日に木曽方面へ行ったら、雪の稜線がきれいだった。



花桃の里、長野県阿智村は桜×桃×梅に五月晴れ。
そんなとこで川魚料理のんびり食べて、



岐阜はナカナカ来ないよなー、

とダムカードもらいに阿木川ダムと中野方ダムをハシゴして、
そしたら山桜がきれいだった。



帰り道、中山道四十二番の妻籠宿で夕暮れどき、



宿場町のはずれ、白い月×水仙の夕空、



そんなこんな峠道で日没になり、
あんまりキレイなんで車停めて、

あー夕陽きれいだなあ、

って見てたら・うなじと肩の間ひりひりで、
シャツ着ていたんだけど白だったから透過性高かったのかな?
なんて納得しながら帰宅したら23時55分→日付またぎのシャワーはやっぱり沁みました、笑


楽しいブログ生活28ブログトーナメント
撮影地:山梨県小菅村、奥多摩、長野県、岐阜県

にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
著作権法より無断利用転載ほか禁じます

PVアクセスランキング にほんブログ村
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花木点景:初夏ゆれる―針槐 R... | トップ | 第85話 春鎮 act.31 another... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。