萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

山郷点景:和田宿、中山道二十八番

2017-05-03 23:49:01 | 写真:建築点景
山ふところ、留まる時空


山郷点景:和田宿、中山道二十八番

雪どけ春爛漫、山深い宿場町に花の季節。


苔むす瓦屋根に星霜つもる、
その門扉ひらく庭、純白の椿に春。


鎮守いだく山も早緑あわい春。


次の下諏訪宿まで約22km=中山道随一の長丁場、
その間にある上り10km+下り10kmの和田峠は一日かけて超える難所でした。


和田宿は文久元年、1861年の火災で多く焼失し再建されました。
そうして遺された建造物の壁×色褪せ切らない木材、修復の痕跡なんだか綺麗です。


連休GWにぎわう世間×どこも混雑、
それなのに誰もいない宿場町は眠るような、時遡るような空間。


清流の川、架かる橋も昔そのまま木造。


春の花さく家並、静謐おだやかな道。


あまり知られていない宿場町、
ですが真田信繁=幸村の娘が嫁いだ家があり、今も残っています。
幕末には徳川家へ降嫁する皇女和宮も逗留しました。


そんな来歴ある本陣の門、屋根の傾斜×構造は重厚カッコいいです。


門の傍ら、苧環オダマキが咲いていました。
紫×白は古来高貴な色合わせ、皇女の名残みたいなカンジします。


本陣のむこう、そびえる山は冬枯れの色。


紅色万朶、宿場の端きらめく枝垂桃。


神社仏閣史跡巡り87ブログトーナメント - 歴史ブログ村
神社仏閣史跡巡り87ブログトーナメント
撮影地:和田宿@長野県小県郡長和町2017.5.3

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山岳点景:Spring ephemeral ... | トップ | 山岳点景:皐月雪解―八島湿原 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (dan)
2017-05-06 22:45:32
中山道和田宿初めてです。
自然もいいけれど、こういうのも大好きです。
妻籠や馬籠は何度かいってそれなりに感激した
けど、この静かな佇まい相当気にいりました。
先の八島湿原と両方みて一人でぶつぶつ言って
いたら、「写真とる人が上手なんだよ」後ろから覗いて
息子が言いました。
そこでまた私が自分のことのように自慢して「そりゃ
プロですからね。」と言いつつ息子が悟さんの腕前を
分かったのが嬉しかったりして.....。
和田宿は行きたいなあ。
本当にいい写真をたくさん有難うございました。
danさんへ (智)
2017-05-07 21:07:50
和田宿、自分も偶然に見つけて初来訪なんです、笑
八島湿原の帰路、時間まだ早かったので寄り道したらありました。
ここはまだ観光地化されておらず、町並保存を始めたばかりなんだとか。
近くの道の駅にある「くるみそば」はすりつぶしたクルミ×そばつゆのタレで食べるんですど、なかなか美味しかったです。

写真のこと恐縮です、笑
もひとつ恐縮ですが名前「悟さとる」ではなく「智とも」なんです、紛らわしくてすみません、笑

和田宿は真田幸村+和宮ゆかりの宿場町、なんだか雅やかでいいですよ?
和田宿から諏訪へ抜ける旧街道筋、和田峠の「接待」という峠休息所もイイカンジです。
そこの写真もそのうち載せます、笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

写真:建築点景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。