萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

木夜雑談:夕月と食事時間

2016-10-06 23:43:33 | 雑談
今日は電話の多い日だった、ゴハンがらみで。

朝あれこれやっていたら電話が鳴って→あれこれ通話して、
電話が終わったら10時すぎ、で、またやるコトやってからデスクで朝ごはんして、

あー朝ごはんいうよりオヤツだなーとりあえず起きてすぐトマトジュース飲んであるけどさ、笑

なんて想いながらヤルコトやって、
いつもどおり昼ゴハンタイム遅くなり、さてゴハンしにいこうか思ったらまた電話が鳴って、
電話が終わったらもう15時に近く、で、

あー昼ごはん言うよりオヤツだなーってかもう夕方になるしなー、

ってことで、

昼もう帰ってからでイイや、そうだ外出そのまま帰宅しよう、笑

ってことで結局17時近くに昼ごはんして、
これもう夕飯だろうなーってか腹へっちゃったなー、ちゃんと食べよう、
なんて考えながら買物に寄ってみたら刺身盛り合わせがお買い得で、

お、悪戯坊主と分けっこして食べられるな?

ってことで買って、帰宅して、
いつもどおり悪戯坊主が出迎えてくれて、

「ごほうびはやくはやく」

と急かされるまま刺身→悪戯坊主の皿へ、
その残り+冷しトマト=刺身とサラダのわんぷれーとでぃっしゅにして、
もらいもんのビールをグラスに注いで、

あー夏日の晩酌はビールいいなあ、笑

と残暑の今日に着替えもせず飲んで、〆にうどん茹でたら一袋やっちゃって、
あーこれ絶対に腹いっぱいになりすぎそうだなあ、なんて思いながら食べてたら電話が来た、笑

電話の主は身内で、
送った荷物が届いたよーという報せ+いろいろ雑談、
ソンナコンナで50分ほど通話が終わったら、うどん少々のびていた。

ま、のびても美味いしイイか、笑

なんてワケで残りを食べ、
食べ終わってちょっとしたら、また電話が来たら夕飯お誘い電話だった。

あー今食べ終っちゃたけど?笑

って返事したら甘いモンでざーと出来る店に連れていくからと迎えにきてくれて、
そして着いた店は昼カフェ&夜居酒屋なトコだったから結局、日本酒+漬物+その他で軽く呑んで、

で、帰ってきたら悪戯坊主はお出迎え無しだった、笑

「しーらないしーらない夜またおでかけなんてしーらない、」

みたいな貌した白もふもふ@冷蔵庫の上、
ごめんなー?と抱っこしたら少し御機嫌を直してくれて、
と思ったら悪戯坊主はカリカリをやけ食いみたいにがっついた、笑

あー二度外出はやっぱり嫌なんだなあ?

とアラタメテ想いながら風呂に入り、出てきたら、
いつもどおり悪戯坊主は扉の前で待っていてくれた。

ほんと、猫は懐っこく愛情深いんだなあ?

とアラタメテ想いながら抱っこして、冷たい水を呑みながらパソコン前に座って、
ソンナ顛末をとりあえずナントナク書いている今ココ→小説これからやろうかなと、笑

で、そんな今日の帰り道は夕月がきれいだった。


<嬉しいこと、悲しいこと 9ブログトーナメントdiv style="text-align:right">撮影地:神奈川県某所

なんだって今日はこんな電話のタイミング?笑

にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村

blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 

PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨夜雑談:嵐の夜、猫と | トップ | 山岳点景:太古の樹影 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑談」カテゴリの最新記事