萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

写真訳詩:森の時間×William Wordsworth

2017-05-17 22:43:06 | 文学閑話翻訳詩
光×雫、Green


写真訳詩:森の時間×William Wordsworth

Are clad in one green hue,
and lose themselves 
‘Mid groves and copses.
Once again I see 

緑ひとつの色調を纏い、
そしてひと時に消えて移ろいゆく
木々と森の中深くから。
今また見えるのは

【引用詩文:William Wordsworth「Lines Compose a Few Miles above Tintern Abbey」抜粋自訳】


詩 や ひとりごと 4ブログトーナメント
撮影地:森@神奈川県
 
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
著作権法より無断利用転載ほか禁じます

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皐月十六日、芍薬― Paeon | トップ | 第9章 Aither 天上の光 act... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。