萬文習作帖

山の青年医師の物語+警視庁山岳救助隊員ミステリー(陽はまた昇る宮田と湯原その後)ほか純文学小説×写真×文学閑話

花木点景:夏紫―初花朝顔

2017-06-20 12:14:00 | 写真:花木点景
白、からくれなゐ、浅紫。
ぼかし濃淡あざやかな、今夏の初花。


アサガオは奈良時代に遣唐使が薬「牽午子」として持ち帰り、古典園芸植物となった植物です。
最古の歌集『万葉集』に「あさがほ」の歌もありますが諸説あり、「朝に咲く花」全般とも今の「桔梗キキョウ」とも謂われます。

我が愛づま 人はさくれど 朝顔の としさへこそと 我は去離るがへ 詠人未詳
和我目豆麻 比等波左久礼杼 安佐我保能 等思佐倍己其登 和波佐可流我倍

詠み人知らず『万葉集』第十四巻に掲載される歌です、
結句「我は去離るがへ」は他の植物などに巻きつく蔓性植物を連想させます。
季節を感じるお花さん61ブログトーナメント
撮影地:庭@神奈川県

万葉歌の翻訳ほか、またそのうちに、笑

にほんブログ村 写真ブログ 山・森林写真へにほんブログ村 blogramランキング参加中! 人気ブログランキングへ 
PVアクセスランキング にほんブログ村
著作権法より無断利用転載ほか禁じます
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花木点景:梅雨の藍―あじさい... | トップ | 第85話 暮春 act.25-side s... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。