ポンタハウスから 「こんにちは」

写真とれない。外国語はモチロン、
日本語もちょっと変かも。
でも 始めちゃいました・・・

蒲田に前泊しました

2016-11-05 23:34:17 | 2016 コーニングスダム
今回は、添乗員さん付きジブラルタル海峡通過イタリア スペインをめぐる地中海クルーズ15日間に、総勢27名参加しました。

このクルーズを私が選んだのは
☆リフレッシュしたかったこと
☆15日間のツアーでありながら、内側の窓無しキャビンでシングル参加追加料金5万と格安。
☆ホーランド アメリカラインの船であること(落ち着いたプレミアム船)。
☆バルセロナ opツアーでピカソの美術館に行ける事(初夏までお仕事がご一緒だったお二人は、バルセロナがお好きだった)。

このMSコーニングスダムは新造船で今年4月初めての航海であり、またコース内容から初めてクルーズの方は選ばれず、
日ごろプレミアム船には乗らないキュナード(Qエリザベスとかビクトリア)のリピーターの方が多く申し込まれたとのことです。
 私も新造船への関心はありましたし、
確かに、ご一緒した皆様から、気さくでありながら、にじみ出るゴージャスさや豊かさ、
センスの良さを感じました。

想定外でしたのは、
当初のんびりリフレッシュする予定が、あまりにも寄港地が魅力的で、出歩き過ぎ疲れたのと、
至れり尽くせりは、かえって戸惑うことも多かったことです。

ヨーロッパは、15年ほど前、主人の勤続30年記念に会社から旅行券を頂いて行ったスペイン旅行以来です。
当時 私は東京在住、主人は大阪単身赴任中、実に楽しかった記憶が残っています。
今回は、陸の旅とはまた違う旅ができて、よかったです。

さて10月11日11時30分羽田発のフランクフルト行きANAで、集合は9時半。
ということで、
ひどい方向音痴で、朝のラッシュも避けたい私は、蒲田チサンインに前泊。

以前泊まった佐世保チサンHでは、エクゼクティブフロアだったので、そのイメージでいたら違った。
でも悪くはなかった。
チサンとチサンインは違うと理解しました。

羽田のホテルは価格が高く避けましたが、東横イン二人で朝食付¥7000台で泊まったとおっしゃる方がいらした。

全く関係ないお話
昨日は、年金の受給請求に行って来ました。
皆様に繰下げは
やめた方がと言われていたのですが、私ってへそ曲がり。
数字が気にいらなかった事もあり、繰り下げました。
でも早くても2月にならないと入金されないそうです
81歳まで生きないと、私の場合、今回の繰下げは損だそうです
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いってらっしゃい | トップ | 迎賓館に行ってまいりました »
最近の画像もっと見る

2016 コーニングスダム」カテゴリの最新記事