八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

春と初夏が一緒にやってくる!

2017年05月15日 13時59分18秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
八ヶ岳山麓の、この季節は春と初夏が一緒にやってきます。
また標高差があるので、登ったり降りたりすると、同じ日に色んな景色を楽しめるのもこの季節です。
そんな、最高に心地良い、八ヶ岳ライフをご紹介しましょう。

霧の立ちこめる日も多いのがこの季節です。
霧は景色を優しく隠します。
なので、柔らかな印象を楽しむことが出来ます。

我が家全景です。


ツリーテラスからは、山桜を楽しめます。


スイセンも咲きました。


去年、海の口高原別荘地に建てたMORISHの家の追加工事の下見打合せに出かけてきました。
原村とは、八ヶ岳山麓の正反対になる海の口は、景色も全然違います。
この八ヶ岳東麓は、冬にはマイナス30度近くになる極寒地です。
どことなく凜とした感じの景色です。


これが去年建てたMORISHの小さな家です。


帰り道、瀧澤牧場辺り。
この東麓は、北海道の様な景色だなあと思います。


途中、大工さんと清泉寮へ立ち寄り、ソフトクリームを食べました。


グルッと回って、八ヶ岳西麓に入ると、景色が変わります。
こちらは、穏やかで優しいような感じですね。
鉢巻道路沿いの山桜が満開でした。


ちょっと降りて、小渕沢のミソギ神社あたりの、八重桜。


天空のATELIERの庭造りで、草花の苗を買うために、北杜市界隈の生産者直売所を巡りました。
ガーデニングを愉しむにも、八ヶ岳は最高の環境だと思います。

ミヨシ・フェレニアルガーデンは、花の苗が豊富です。


中山園は、グラス、樹木などが充実しています。
この茅葺きの母屋が目印です。


僕の好きな、グラスの苗!
こんな、グラスが生い茂る斜面になったらステキだろうな!


この樹木は、全て売り物です。


中山園で好きな場所!
この小さな樹木のトンネル。天空のATELIERでも作りたいな!


のどかな、「花遊び」


秋田県のクマは、強面だけど甘えん坊です。
この巨体で、僕のヒザに乗っかってきます。


日野春HerbGarden



時々、信濃境の整体マッサージに行きます。
体の歪みを調整して貰うのです。
その帰り道、絵に描いたような信州の田舎!という景色!


八ヶ岳中央高原辺りの景色も、初夏と言う感じです。
先日、カッコウが鳴いたので、初夏の始まりですね!

タンポポが綺麗です。


この時期の風物詩、水田に水が張られます。


八ヶ岳も、登山の季節になります。
6月の第一週の週末が、阿弥陀岳開山祭です。
僕も、原村観光連盟の副会長ですので、登りますよ!
そろそろ、ウォーミングアップしなければ!


買ってきた苗を植えました。
来年には、素敵なGardenになっていくでしょう。


斜面を有効活用するには、ひな壇を作る事。
天空のATELIERの下のAreaに山桜があるので、その下を平らに造成しています。
数年後には、桜も育ち、この下で花見が出来るでしょう。


WoodDeckの下に、庭作業の合間に休憩できるようにテーブルとBENCHを作りました。
ここも、植栽をして心地良い空間に仕上げて行きますよ!


霧と新緑に夕陽が当たって、とても綺麗でした!



田舎暮らしや、週末移住をしてみたくなったら、まずは下記のメールへご連絡ください。
morishcountry@gmail.com
友枝コウジロウ
ライフスタイルデザイナー
移住アドバイス料は、1回¥5,400です。(3時間前後)

自著「週末移住からはじめよう」も是非お読みください!

リアルタイムのMORISHの記事はFacebookをご覧ください。


catalystの記事も読んでください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月8日(月)のつぶやき | トップ | 5月15日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。