八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし29年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

秋のMORISH!

2016年10月12日 20時53分55秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
なんだか夏が無かったので、秋という実感が無いままに季節が過ぎて行きます。
そんな日々でも、周りの出来事は確実に進行している!

我が家の景色も、久々の秋晴れに映える!


天空のATELIERも、基礎工事が完了し、建前を待つだけ。
本来なら、もうとっくに建ち上がり屋根やサッシも入って家としてのカタチになっているんだけど、
もう一軒、お客様の新築が同時進行で、そちらを最優先で建てているので、そちらのメドが付いたら、
天空のATELIERの建築開始なのです。


この家が、お客様のMORISH COUNTRY HOUSEです。
ガレージの上がデッキになっていて、雨の日でも洗濯物を干せたり、寛いだり出来ます。


この家の窓は格子のOptionが入っています。


先日、上棟式も行われました。
お施主さんと大工さんが和む一時も、良い家を建てて貰うのに大事ですね。




この日の午前中には、新しく建つMORISH COUNTRY HOUSEの地鎮祭も行われました。
諏訪湖の御渡りを司る神主さんが、お祓いをして頂きました!




私も、鍬入れの儀を仰せつかりました。


最後に、建築の安全祈願をお参りをします。




連休明けて早々に、基礎工事が始まりました。
この深さを見てください。これだけ掘って基礎コンクリートを施工します。
MORISHの家造りは、土台からしっかりと作って行きますよ!
家の基礎と言うより、土木工事か古墳の発掘調査の様ですね。


これから新たにMORISH COUNTRY HOUSEが建つ土地の伐採が、ほぼ終わりました。
ここは、4区画あり、2区画づつ二人のオーナーが買われました。
広葉樹を残し、針葉樹を伐採します。
家が建ったら、造園をしてまた、広葉樹を植えていきます。


連休には、移住相談の方も何組か訪れました。
子育て移住を検討している家族は、より具体的なビジョンが見えて来たと喜んで居ました。
この家族が、八ヶ岳山麓へ移住するのも、そう遠いことではないでしょう。

別荘地内にある、山神社へお参りに行きました。


お気に入りの池にも行きました。


家の周りの景色も、秋本番という感じに色づいて来ました。





久々に、家の前に広がる広大な村有林の中へ散歩に行きました。


途中にある沢で、せせらぎにじゃれるゲン。


こんな自然の中を普通に散歩できる事は、犬にとっても幸せだと思います。


妻が作ったFeltのチェシャネコは、蓼科バラクライングリッシュガーデンのイベントで大人気でした!
ご覧になりたい方は、HeartVillageへお越しください。


薪にするカラマツの樹皮を剥がして、木道を作りました。
園芸店でバークを買うと高いですけど、これだったらいくらでも敷く事が出来ます。


ナラの木の下に、身が沢山落ちていました。
縄文人は、こうした木の実を主食にしていたんですね。


外作業に疲れたら、我が家で一息!
全て無垢の木の室内は、癒やされる空間です。


夕方、散歩をすると、日が短くなってきたことに気付きます。


田舎暮らしや、週末移住をしてみたくなったら、まずは下記のメールへご連絡ください。
morishcountry@gmail.com
友枝コウジロウ
ライフスタイルデザイナー
移住アドバイス料は、1回¥5,400です。

自著「週末移住からはじめよう」も是非お読みください!

リアルタイムのBlogUpは、Facebookのモリッシュカントリーをご覧ください。

今回から東急リゾートのコラムも6回連載で始まりました。
こちらも是非読んでください。


こちらもどうぞ!
SUMIKA

スルガ銀行


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月5日(水)のつぶやき | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。