八ヶ岳田舎暮し 移住のススメ MORISH COUNTRY 原村

八ヶ岳での田舎暮らし支援。田舎暮らし30年の実績で移住相談、冬も快適な別荘デザイン&建築サポート!人生一度きりですよ!

週末!

2016年12月13日 22時28分05秒 | 八ヶ岳 田舎暮らし
週末。

MORISHを訪ねて、毎週末に移住相談者がいらっしゃいます。
本を読んで頂いた方、Blogを読んでいる方です。
MORISHの田舎暮らしのライフスタイルに共鳴して頂き、訪ねて来られます。

すでに移住を果たしたカサハラさんのお友達も、定年後は八ヶ岳を拠点として人生を過ごしたいと訪ねて来られた。
土地を買い、MORISHの家を建てる相談を受けて、天空のATELIERを視察して頂いた。


子育て移住の家族と、その妹さんが訪ねてきた。
甲府在住の妹さんも、原村の魅力に取り憑かれたようだ!


2歳の息子さん、私の車に興味津々だったので、運転席に載せて上げたら、上機嫌!


翌日も、見学に来てくれた。
この日は、候補になる土地を歩いて回った。
歩く方が、土地の雰囲気を感じる事が出来る。
そして、気に入る土地に巡り会え、MORISHの家に住む近い将来の夢を抱いて、都心へと戻られていった。


この夜、MORISH COUNTRY HOUSE 大階段の家へ届け物に行った。
そしたら、オーナー和さんが、ワインbottleをかざして「やる?」と言うので、「飲みましょう!」と宴になった。
二人では勿体ないと言う事で、近場にいるMORISHメンバーに連絡。
マサやん家族、小熊ちゃん、杉さんが合流して楽しい宴は日付が変わるまで続けられた。
30歳代、40歳代、50歳代が、分け隔て無くフランクに楽しく和めるのも、MORISHの良さでしょう!
近い将来、MORISHのメンバー達がこの地に移住してきたら、毎週末どこかの家で、こうした宴が行われることだろう!
なんだか、えらい楽しい八ヶ岳ライフになってきました!


白備えの家も、1月完成を目指して完成に近づいて来ました。


GARAGEの上のDeckも床が張られてきました。


MORE WISH HOUSEも基礎工事が完成に近づいて来ました。


穂高を望む家も、サッシ窓が付いて、家のイメージがハッキリしてきました。
この日は、オーナー夫婦に現場に来て頂き、照明の位置決めを行いました。
ご主人は、2階と、3階のロフトから穂高連峰が一望出来ると喜んでいました。
奥様は、キッチンの大きな窓からの眺めがステキだと喜ばれていました。


天空のATELIERからの夕暮れの景色がとても綺麗でした!


翌日の月曜日も晴れました。
この日は、天空のATELIERの照明の位置決めを行いました。


玄関ポーチには、洋瓦を施工したのですが、アクセントになって良かったと思います。


床下の水道管。まるで静脈と動脈の様です。
家が生きているなあと感じました!
来年1月末には、産声を上げるでしょう!


来年、4月から着工する土地の伐採も終わりました。
家を建てたら、広葉樹を植樹して貰います。
ヒョロヒョロに伸びすぎた針葉樹を伐採し、森林資源に有効活用し、新たに広葉樹を植樹して、豊かな森に再生していく。
新築の家が建つ度に、少しずつ森が再生していくのです。
広葉樹が茂る豊かな森が混在する、20年後のこの地が楽しみです。


蓼科に建てているMORISH COUNTRY HOUSEの視察には、この道を走ります。
でも、ここは雪が積もると閉鎖されてしまいます。
今年走れるのは、いつまでなんだろう。


田舎暮らしや、週末移住をしてみたくなったら、まずは下記のメールへご連絡ください。
morishcountry@gmail.com
友枝コウジロウ
ライフスタイルデザイナー
移住アドバイス料は、1回¥5,400です。

自著「週末移住からはじめよう」も是非お読みください!



ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月8日(木)のつぶやき | トップ | 12月13日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。