沖縄と癒し

東京で歴史を学び見て体感して今、沖縄から癒しのメッセージを送ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奇跡2!

2013-01-04 16:52:43 | 癒し
2013年の年明け早々、1月2日に突然固定電話が鳴り響きました。

電話を取ると、先月ウンチケーをした親戚の3女でした。

明るい声で「明けましておめでとうございます」と話しかけてきました。

彼女は心の病を患い、長年精神病院に入院していましたが、

先月末に退院したそうです。

驚きました。精神科でどんな治療をしても治らなかった病が治りました。

奇跡としか言いようがありません。

これからも祈りの道を忘れず、皆が幸せになるよう頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡!

2012-12-31 13:30:19 | 癒し
沖縄では長男に家を継がせず他の兄弟に家を継がせると「ちゃっちうしくみ」(長男を押し込む)と言うタブーがあります。

その影響は、後の子孫が貧乏になり、長男は駄目になるという恐ろしい結果になります。

私の4代前にも「ちゃっちうしくみ」がありました。

明治時代、我が先祖は広大な土地を所有し、30人以上の住み込み従業員を抱える富豪でした。

しかし「ちゃっちうしくみ」の影響で、一代にしてその財産を全て失い、

現在も親戚一同、生活に苦労し、長男は家に寄り付きません。

先日、「ちゃっちうしくみ」にあった本来の跡取りの位牌を作り、お迎えするという「うんちけー」というお祈りを私がやりました。

すると、7年前に家を飛び出して以来音信普通であった兄(長男)から、突然電話がありました。

今は、毎日顔を合わし、食事も共にし、あるべき姿に戻りました。

後は、仕事運、金運が戻れば道が開けます。

来年はいい年でありますように。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喜怒哀楽。。。

2012-12-15 22:15:59 | 癒し
今日はカウンセンリグを受けました。

私の姉が「帰郷して治療しなさい」というアドバイスを受け帰郷しましたが、

姉は「働け」としか言いませんでした。

姉は沖縄県の「うつ病患者相談窓口」でした。

カウンセラーは「残酷ですね」と言いました。

うっぷうを晴らして、私を支援してくれている現職の衆議院議員の選挙本部に出向き

彼の秘書に議員の息子さんである県議会議員が「産業支援センター」へ仲介する話をし、

12月20日に県議会が終わり次第、仲介するよう段取りは整いました。

来年の年初の経済界の交流会へ顔を出せれば幸いです。

来年は大きな花が咲くよう祈っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャンス到来か?

2012-12-05 16:36:38 | 癒し
先日、経歴書を持参してハローワークへ行ってきました。

私の経歴に驚いた担当者はハローワークでは対応できないので

県の「産業支援センター」(企業のサポートをする公的機関らしい)へ行く様アドバイスしました。

その話を知人の県議会議員に話したところ、

12月20日に県議会が終わったら先方へ電話するか同伴してくれるそうです。

ありがたい話です。

年明け早々に沖縄県内のビッグプロジェクトに参画できれば道が開けます。

長いトンネルから抜け出せそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-11-27 17:00:00 | 癒し
父は私が8歳のときに家を出て行き、それ以降母子家庭でした。

私は家計を助けるため、小学生の頃は新聞配達、

中学生の頃は土方、左官屋、スーパーの店員。

高校生の頃はガソリンスタンド、家電品店、土方と働いてきました。

しかし、姉はアルバイトなどせず、すねかじりでした。

はっきり覚えているのは、中学生のとき

私が左官のバイトで手がセメント焼けしならが懸命に作業服を手荒ししているときに

姉は現在の夫と遊んでいました。

うつ病の私に母の面倒を押し付け、県庁職員の姉と国家公務員の義理の兄が

「お金が無い」と一切支援しない事が摩訶不思議です。

姉は誰のおかげで成長したんでしょうか。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-11-26 19:32:37 | 癒し
私の通っているクリニックのブラックリストNo1は姉です。

東京で「うつ病」を悪化させた私は沖縄県福祉保険部に勤務する姉に相談しました。

その結果は「沖縄に帰って治療しなさい」でした。

しかし、何のアドバイスも無く苦労しました。

ある日、姉の職場を訪ねたところ、

「うつ病」に関する相談のパンフレットが姉の机の前にありました。

そうなんです、姉は県の「うつ病」患者担当者でした。

苦労の末、障害年金を貰い「障碍者自立支援」で何とかなりましたが、

姉の回答は「知っているよ、担当者はxxさんでしょ」でした。

姉は県庁職員、姉の夫は国家公務員です。

しかし、年老いた母の面倒を私に押し付け一線も援助しません。

最悪です。。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-11-09 19:45:10 | 癒し
引っ越しました。

前のマンションは暴力団に占拠され、

管理人は詐欺の前科犯。

隣人は二重人格の気の狂ったやつ。

やっと脱出しました。

これからはきっといい方向へ向かうと信じています。

疲れた。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長い戦いが終わりました。

2012-10-12 21:36:03 | 癒し
今回の訴訟は母に関するものでした。

相手側弁護士は県の弁護士協会の人権部門の責任者と言うやや強敵でしたが

全面勝訴し、今日母は新居に引っ越しました。

思えば、25年前NEC本社からのスカウトの時にも、

「沖縄に帰り母の面倒をみます」と断り、

やっと実現しました。。。。

これで、両親の誤った人生を全て解決しほっとしています。

疲れましたが、この先は良い事があることを信じて歩みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと終わりました。

2012-10-04 07:26:23 | 癒し
調停には勝訴しましたが、

支払日に相手側弁護士がいちゃもんを付け

出し渋っていました。

母(申立人)が手ぶらで帰ってきた為

私(代理人)が乗り込み

相手側弁護士をやっつけ慰謝料を取りました。

その弁護士は、県の弁護士協会の人権部会の代表らしいです。

われわれの人権はどう思っているのでしょうか?

これで、私を悩まし続けた両親の問題が片付きましたので

安心しています。

相手側は2千万円以上の負債を抱え、我々は日々金運が良くなってきています。

これで、以前のように仕事にまい進できるでしょう。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012-09-20 17:43:12 | 癒し
報告遅れましたが調停は勝ちました。

昨日新聞で知りましたが、相手側弁護士は弁護士協会の

人権管理部署の責任者だそうです。

当方の人権は無視なんですね。。。

相手側はその弁護士のせいで数千万円の負債を負うことになりました。

今は経済的にきついですが、何とか乗り切れそうです。

当方は栄え、相手側は崩壊しそうです。

暫く頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加