きまぐれ雑記帳

きまぐれに日々の思いを綴ります。

北海道 ②

2017-06-18 22:26:35 | 旅行

 2日目、朝食ボリュームありました。

 

 

 

 

こちらのホテルが使っている卵、ニワトリにお米を食べさせているそうです。

黄身が黄色くないのです。白っぽい!!なんか違和感あります。

 

 

紫竹ガーデンに向かいます。

道がまっすぐ~っ!! ついついアクセル踏みそう。ガマンガマン。皆さん安全運転。

 

 

オーナーの紫竹明昭葉さんが「子供のころに遊んだ野の花が咲く野原のような風景をつくりたい」

という思いから出来たガーデンだそうです。

 

観光バスがすでに3台停っておりました。

 

ソフトクリーム。早速主人が反応いたしました。朝からアイスです。

 

こちらのお庭、18,000坪だそう。手入れ大変。

 

 

 

 

 

自然で素朴なフラーワーガーデン。60歳を過ぎてから始められたそうです。

恐ろしい!!私には無理無理・・・ペパーミントが大繁殖。鉢植えにしておけば良かったと

毎年思うのです。また抜かなあかん・・・・・ガーデニングは私には無理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お天気も良くなってきました。今回の目的地襟裳岬へ。

 

途中道の駅へ。

 

 

 

 

 

農機具のおもちゃも売っております。

 

菜の花きれい!!

 

土に太陽光線が当たり含んだ水分が蒸発しております。こんな風景初めて見ました。

 

道の駅忠類

 

可愛いブタ。テディーベアーではありません。

 

 

このあたりでナウマン象の化石が発掘されたそうです。

 

このグリーンアスパラ600円です。信じられへん値段です。

 

わさびも大きい。

 

フンべの滝。フンベとはアイヌ語で「クジラの獲れる浜」という意味。湧水が直接落下している

珍しい滝で、冬は氷壁になるそうです。

 

宗谷岬、知床岬、納沙布岬、積丹岬、襟裳岬、制覇できました。

 

 

 

襟裳岬の歌碑。森進一さんだけでは無く、島倉千代子さんの襟裳岬もあったんですねえ。

 

日高方面を北上して支笏湖へ。

 

まだ桜が咲いておりました。私にとっては今年最後の桜です。

えりも町のお寿司屋さんで雲丹と鮑丼の昼食。

 

馬に関係ある町は栄えております。

 

馬と関係のない町はこんな感じです。

 

 

平取町にある義経神社。源義経がご神体として祀られおり、平取町に古くから鎮座している神社。

競走馬の守護神で馬体安全と必勝、勝負事にも運気を呼ぶ有難い神社だそう。

 

 

 

 二泊目は、支笏湖第一寶亭留翠山亭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お刺身・・・・なんか調理されてから時間が経っているみたい。

炊き合わせ・・・??

 

 

 

 

食後にラウンジでセルフでコーヒー。

こちらのホテル、なんか人手不足なようです。大変大変・・・人の確保、教育は大変です。

広島の石亭さんもそうでした。従業員さんに余裕がないもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道 ① | トップ | 北海道 ③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。