買ってみたり、行っ食べたり

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

無回転の寿司を食べた

2016年12月13日 | 食べたもの
技術の進歩というより、世の中の変化は、とても速い。
ちょっと前までは、いちいち「 すみませ~ん 」と声をかけて、
「 イカを一つとハマチを二つ 」 と注文していたのに、今では
各席に置かれたタブレットの画面にチョチョイと指を動かし、ポンと
“ 注文する ” をタップすると、その内に品物が出てくるようになった。
寿司屋でも居酒屋でも、何か食べたいときはイヤでもこの操作をマスター
しなければ、自分の好きな物を口にすることは出来ない。
支払いも、精算ボタンひとつですぐに合計金額が表示され、何もかもが
否応なしに店の思惑どおりに取り仕切られる。まあ、これが普通になって
しまえば元には戻れないわけで、進化していると言わざるをえない。

話がそれた。

その寿司屋さん、以前はレールの上をお皿が回っていたのだが、システムが
“ 電子注文 ” に変わると同時にレールが撤去され何も回らなくなった。

それはそれでいいのだが、注文が入るとその都度作ることになり、
店の人には何も考える事も必要もなく、注文のあったものを黙々と作り
機械の指示どおりの席に届けるという、機械的な動きに終始している。

決して味にウルサイわけでは無いけど、この店、味が落ちた気がする。

細かい事はさておき、その日だけの事だったのかも知れないし、
何かの影響があるのか無いのかも定かではない。

ただ、寿司というのは人の手で握って、手で巻くもの。

衛生面とか技術面とか、そんな事もあるのかも知れない。

良くある回転寿司 (回転しない寿司含む)、 高いのか安いのか?

そんなお話でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の余談(4戦目) | トップ | 本日の余談(トピックスについて) »
最近の画像もっと見る

食べたもの」カテゴリの最新記事