買ってみたり、行っ食べたり

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

シン・Gを見た

2017年06月14日 | 見たもの
とんと映画からご無沙汰している今日このごろ。
久々に機会があり、何でも5本で千円のセット料金を使って、その内の
3本が自分の割当てで、選んだ中の1本がこれ。
新作だろうと旧作だろうと、5本まとめてレンタル期間は1週間。
あえて1本少ない4本を当たり前の料金で借りると( 貸すと )あとで
クレームになりそうな、割安感いっぱいな料金設定だ。
以前そんなことが一度あり、「 もう1本借りたほうがお得ですよ 」という
アドバイスというより強制に近いレジのお兄さんの押しに負けて、どうせ
借りるのならと時間をかけて選んだ挙げ句に、中途半端な物を借りてしまい、
結局見なかった記憶がある。4本でも、本人の「 5本! 」という
自己申告制にしてセット料金にしてくれれば良いのにと思う。

話がそれた。

この映画、意外と面白かった。展開があっさりとドロドロ感がなく、
変なサイドストーリーも無いのがいい。そもそものメインが “ 怪獣 ”を
やっつけることにある映画なんだから、これでいい。

まあ、話に入っていけず、これは違う・・と、イライラする人も多いかも。
一歩引いて、「 そう来るか・・ 」とか思いつつ、ニヤニヤしながら
見るのがいい。

全く予備知識無く見たので、これも結果的には良かった。
最初に現れたヘンテコなヤツがギシギシと川をさかのぼりながら、街を
破壊していくのだが、後から登場する主人公のゴジラが、この怪獣と戦い
やっつけるのだろうと思っていた。でも、実はこのヘンテコなのが本物の
ゴジラに進化したりして・・そんな所も “ なかなか ”だった。

ベタで子供じみた展開が、実はそれなりに安心感のある意外性だと思う。

水戸黄門とか遠山の金さん世代の意見かもしれませんけどね。

そんなお話でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SのLを買った8(Sというボ... | トップ | 帽子を買った(通販の醍醐味) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む