買ってみたり、行っ食べたり

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

SのLを買った2

2016年11月02日 | 買った物
そもそも、数ある車の中から何故このSのLを選んだのか。
まあ、色々な理由がある。車選びには選択肢が多すぎて
困ってしまうという人も多いと思うけど、何か一つでもこだわりが
あったとたん、急にコレだという物が無くなるような気がする。

まず、立体駐車上に入らなければならない。
これ一つで、ほとんどの軽自動車、特にメーカーイチオシの車種が
候補から外れてしまう。困ったものだ。

とは言え、実は、SのLは初期型が出たときから気に入っていて、
何度かモデルチェンジしたけど流れ的にはデザインに筋が通って
いるので、もし買うのならコレ・・という思いはあった。
女性向けというイメージにブレ過ぎのところがある。
色によっては乗るのがつらいけど、これを避ければあとは問題なし。

運転席に座ってみる。さすがにこのサイズで最大限の室内空間を
確保するためには何かを諦めるしかなく、運転席にどっしりと
収まるというわけにはいかなく、ちょこんと座った感がある。
前席は左右に移動可能な作りになっているので、そのためには
仕方ないのだろう。でも、窮屈な感じは全くない。

走り出してみる。もちろん、普通にはしる。パワーはそれなり。
馬力があるとが早いとかを必要以上に論じても仕方ない。
小学生だって普通のおじさんだって、重量挙げやマラソンの選手
だって、同じように買い物にも旅行にも行けるんだから。
でも、エンジンのパワーは無いより有ったほうがいい、
そのほうが運転しやすく、ストレスも少ない。

話がそれた。

走り出して、オヤッと思った。基本的はHのFやTのPとの
比較になるのだけれど、SのLはタイヤの存在感が一番だ。
握っているハンドルがタイヤにつながっていて、自分の前に2個、
後ろに2個、丸いタイヤがグルグル回っている。そんな感覚が
一番自然に?伝わってくる。これは、サスペンションの性能が
いいからなのか、悪いからなのかは分からない。もちろん、
乗り心地という面で言えば、値段が高い順に良いのは間違いない。
でも、一番小さくて一番安いSのLに乗った時は、このタイヤが
4つ回っている感に、ちょっとだけニコリとしてしまう。

今日のところはここまで。

そんなお話でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SのLを買った1(あらためま... | トップ | SのLを買った3 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む