買ってみたり、行っ食べたり

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ロシアの映画とノルウェーの映画をみた。

2017年07月18日 | 見たもの
映画をみるぞと思い立ち、セット料金で5本借りた。
このセット料金が廃止されたら、もう借りに行こうと思わなく
なってしまいそうな、それほど“ 甘い ”料金メニューだと思う。

5本のうち、最初にどれをみようかというのは、いつもの
軽い悩みで、フライト何とかという飛行機アクション的映画を
見ることに決めた。本編が始まってどうも様子が違う。
出てくる文字が少し変、これはロシアの文字だ。出てくる人の
しゃべる言葉もロシア風な感じがする。

で、2本目は青春ミュージック映画?
これも最初から微妙な違和感あり。しゃべる言葉もどこか違う。
出てくる風景とか地名とか、いわゆる北欧の国のどこかに違いない。

特に何も考えずに選んだ映画だったけど、当たったような、
外れたような・・。

内容的には特に文句は無いけど、ハリウッド映画に慣らされた
目でみると、ストーリー的に盛りすぎて消化しきれていないと
いうか何というか、重たく感じてしまった。じっくりと
読み込むように映画をみる人なら別の感想になるのだろうけど。

起承転結、勧善懲悪、簡潔明瞭、では全然無い。

まあ、その前に、けっこう無理があってツッコミ所も
満載なんだけど。

逆に言うと、外国の人が日本の映画をみたら、ひとそれぞれ
どのように感じるのだろうかと、とても興味深く思った。

たまには、こういうのもイイかも。

時間があって落ち着いた気分の時にじっくりと。

そんなお話でした。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハサミを買った(あぜん) | トップ | 本日の余談(早く気づいて良... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む