自由連想

様々な情報を自由にあまり考え込まずにしゃべっている状態。脳をリラックスさせ、ストレスを解消する。

豊洲移転問題

2017-06-17 | 私論

小池知事、豊洲への移転示唆…追加安全策実施へ

昨年11月の移転延期から、約半年が経過し、ようやく元通り豊洲移転で決着しそうである。この問題の難しい所は、小池知事が豊洲移転を延期したこと自体は正論だからなのだろう。つまり、土壌汚染が心配されるから、一旦(いったん)延期する。このこと自体は自然な考えであり、間違いとは言い難(がた)い。

だが、この延期により、どれだけのメリットがあったのだろうか。市場関係者を不安にしただけでなく、元々関係者内部で意見対立があったものを収束(しゅうそく)していたものを蒸し返し、さらには多額の補償金まで負担することになった。こうしたデメリットをカバーできるだけのメリットがあったとは思えない。

筋(すじ)を通した。確かにその通りなのだけど、小池知事のための延期だったようにも思える。汚染対策が不十分なことを明らかにしたという手柄だったり責任の所在問題よりも、豊洲市場への追加汚染対策に手を打ちつつ、並行して経緯を整理していくべきだったのではないだろうか。

後者はあくまで現状受け入れが前提になる。だからこそ、小池知事のプライドが許さなかったと思うのだが、個人のプライドよりも、都民ファースト。都にとって一番良いと思われる立ち振る舞いがトップとして求められたのかなと私は思う。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【再掲】アンフェアにたたかえ | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。