自由連想

様々な情報を自由にあまり考え込まずにしゃべっている状態。脳をリラックスさせ、ストレスを解消する。

今年を振り返る

2016-12-28 | 私論

12月もあっという間で、もうすぐ年越しとなりました。少し時間が経(た)ってしまいましたが、今年の漢字が「金」に決まりました。リオ五輪で金メダルも多かったことから「金」ということなのでしょう。なんとも部分的な話であり、短絡(たんらく)的な結果だと思います。ただ、前向きな感じがする点は救いのように思います。

今年を表す漢字として相応(ふさわ)しいのは、「驚」ではないかと私は思います。NHKの気象ニュースで檜山さんも、気象の今年の漢字として選んでいました。台風が同時に3つ発生したり、東北に直接台風が上陸して大きな被害も出ました。11月には都心で初雪が降ったりと驚きの連続でした。災害繋(つな)がりでは4月に熊本地震もありました。マグニチュードが7以上ありながらも、本震が数日後にあり、多くの家屋が倒壊してしまいました。

世界に目をやれば、6月に英国のEU離脱という国民投票の結果となり世界を驚かせました。でもそれだけでサプライズは終わりません。11月には米国大統領にトランプ氏が当選して、世界中が驚きました。経済に目をやれば、1月に日銀がマイナス金利を導入し、7月にETF買い入れを6兆円に倍増しました。株価が乱高下し、今年の日経平均株価はまさに「行ってこい」。年初から大きく下落したものの、結果的にほぼ横ばいと荒(あ)れました。為替も同様で、1ドル100円を切ったかと思えば、今は1ドル117円程度と経営者泣かせの不安定さを見せました。

他にも国内では、5月のオバマ大統領の広島訪問、豊洲市場移転が延期されたり、最近では新潟県で広範囲に渡る大規模火災が発生するなど驚くべき出来事が相次ぎました。またスポーツでもプロ野球で11.5ゲーム差がひっくり返ったり、鹿島アントラーズがレアルマドリードをあと一歩まで追い詰めたりと驚きの連続でした。もちろん今年の漢字「金」に象徴されるように、リオ五輪でも感動や多くの驚きがありました。

このように、あらゆる分野で「まさか」が多かった1年だったように思います。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワオンポイントカード | トップ | ネットショッピング »

コメントを投稿

私論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。