ともの徒然日記(晴れ時々うつ)

2008.3.28日から禁ギャンブルをしている管理人の徒然日記。
これからを前向きに過ごす為の心の棚卸しブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何故パチスロ依存だったのか…。

2009年05月12日 | ギャンブル依存症克服
冷静に考えてみると、パチスロやパチンコなんて、つまらない遊びだと思います。演出にドキドキしたりはあるけれど、機械任せの遊戯に他ありません。

考えてみました。

宝くじ→絶対当たるわけない。ま~夢を買うみたいな感じ。

ロト→上記に同じ。

競馬他公的ギャンブル→興味無し。馬がかわいそうとしか思わない。

スクラッチ→当たっても、数百円程度。気が向いたら買っても良いかな~。

要は、黙々と一人でな~んにも考えずに打って、もしかしたら、手持ちのお金がその日の内に倍以上になったりする、目の前に諭吉さんをチラチラ見せて、もしかしたらって思わせてくれたのが、パチスロ。
周りにドル箱積んだ方々がいたら、わたしだって!って勘違いしちゃいます。

うまく、商売してますね。
人の心理を逆手に取った営業です。
広告にだって、CMにだって、イベントだからと言って、元手が増えるとは書いていません。
単純に遊戯なんですよね。遊ばせてあげてる的な。


建設費、電気代、人件費、もろもろの経費を、遊びに行くからには、払わなきゃならんのです。
その代金は、なんだかんだでお支払いいただくってことでしょうか。

トータル的に、みんな遊ばれているという事でしょう。

パチスロパチンコを好きなら、やめなくても良いのだろうけど、普通に買い物したり、カラオケ行ったり、ご飯食べたりするほうが、よっぽど健全な遊びだと思います。

目の前で、エサをチラチラさせてるパチ屋には、近づかないほうが良いです。
良い思い出は作れないだろうから。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついでにトマト!? | トップ | 救急外来って? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ギャンブル依存症克服」カテゴリの最新記事