〜ADHDくんとともに〜

ADHDくんとその妹とママと時々パパ、の生活日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マラソン練習

2016-09-15 22:19:47 | 日記
今月末のマラソン大会に向けて息子の学校では体育の時間に実際のコースを走る練習をしてます



初日は最初に飛ばしすぎてバテてしまい14位。


1年生の男の子が25〜6人くらいだから、真ん中あたり?だったのが悔しかった息子



「どーしたら1番になれる?」


と聞くので、ヨーイドンしたら全力では走らないでみんなに着いていってみたらいいと説明。



2回目の練習は、オープンスクールの時で5位。




そして

昨日は3位だったそーです



別に早い順位だからイイってわけじゃ無いんだけど、走るのが好きな息子にとってこれは本当に自信に繋がるし、私も嬉しい



でも…変なプライドもあるのかな


支援学級の子だって、何か得意な事はある‼︎


うちの子は運動会でも、最終組の早い子たちと走って1番だったし、マラソン大会だってこんな頑張って走れるんだよーーって


勝手な私の自己満足な思いかもしれませんが



まぁ、何よりも本人の自信に繋がる事が1番です



私も子供の頃は運動が好きで、運動会とか張り切ってたしマラソン大会でも早い方だったから息子にもその楽しさは感じて欲しいな〜




昨日は私の仕事が早く終わったので児童館はキャンセルで自宅へ帰宅。



心配だったので学校近くで待ち伏せ。


見つからないよーに道路挟んで陰に隠れていたが、同じ1年生の男の子が私を見つけ

「○○くんのお母さんだーー!」


と叫びました


息子も


「ママーー‼︎なんでこんな所にいるのぉー?」


って



仕方ないので近くに行って


「仕事が早く終わったからお散歩してて、帰る所だったの」



と、相手が大人なら絶対バレるだろうレベルの嘘をつきました





息子は帰る時にお友達と公園で遊ぼうと誘われたようで、帰宅後自ら宿題をして急いで自転車乗って公園へ




普通の子なら当たり前の、日常な事なのかもだけど、凄く凄く嬉しかった


友達と約束して遊ぶ…ってこと。



男の子何人かで沢山遊んで満足そうな顔で帰ってきました




明日、また体育あるからマラソン大会の練習かな。

一位にならなくても、例え何番でも最後まで走る事が大事なんだよ、と伝えてはあるけど息子は何としても一位目指してるようです



まずは、怪我だけはしないように願うばかりです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝から疲れる… | トップ | 3連休 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。