ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2017.6.21 One of LoveプロジェクトGIG@赤坂BLITZ 川畑要・ichiro・TOSHI-LOW・泉谷しげる・フラワーカンパニーズ・夏木マリ・仲井戸麗市

2017-06-22 21:20:26 | 日記
2017.6.21
One of LoveプロジェクトGIG vol.8
「途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクト」@赤坂BLITZ

川畑要(CHEMISTRY)
ichiro
TOSHI-LOW(BRAHMAN)
泉谷しげる
フラワーカンパニーズ
夏木マリ
仲井戸"CHABO"麗市

One of Loveプロジェクトバンド
Gt.末松一人
Key.白井アキト
Dr.山内陽一朗
Ba.石田純
Per.斉藤ノブ


夏木マリさんと斉藤ノブさんが中心となって2009年に立ち上げたプロジェクト。
途上国の子供たちの教育環境と、その母親でもある働く女性たちの雇用整備の向上を目指すことが目的のプロジェクト。
赤いバラ「マリルージュ」と毎年6月21日に行うGIGの収益によって継続的な支援活動を行っている。

8回目となる今年のGIGには、我らがフラカンが呼ばれているということで、行ってきました。

年齢層も客層もバラバラな客席。
赤坂BLITZでフロアに椅子が並んでいるのを、初めて見た。
いやぁ、夜勤明けの身体には大変ありがたい(笑)
フラカン以外にも好きなミュージシャンがそろい踏み。
ということで、どんなGIGになるのかホント楽しみ。


まずはプロジェクトバンドのメンバーのみでのセッションからスタート。
まぁ、当たり前なんだが上手いんだ、演奏も雰囲気をつかむのも。
これから始まるGIGへの期待感が否が応でも盛り上がる。

[川畑要(CHEMISTRY)]
錚々たる顔ぶれが集まる中、トップバッターを任されたのはケミストリーの川畑さん。
ライブで彼の歌を聴くのは初めて。
広いBLITZの隅々までちゃんと言葉が伝わる歌。
今さらだけど上手い。
しかし、緊張してましたね~。
ステージ上も客席も探り探りな雰囲気を一気に解決すべく、この一言。
「皆さん、立ち上がって、盛り上がって行きましょう!」
半強制的な禁じ手出しちゃいました(笑)
気持ちはわかる。
けど、言われなくても立ち上がりたい衝動に駆られたらお客さんは立ちますから。
素敵な歌と、素晴らしい声があるんだから、自信持っていいのです。
でも、後から続く演者にはありがたかったかも。
客席に「立っていいんだ」っていう雰囲気を作ってくれたから。
とにかくトップバッターの役割は十分に果たしてくれました。
持ち歌全て歌い終わった時の、ホッとした安堵の笑顔が、ね。
ホント、おつかれさまでした。

[ichiro]
川畑さんとのコラボレーションを1曲。
その後はソロで。
彼の歌もギターも初聴きだったけど、特に印象に残ったのがブルージーなスライドギター。
カッコよかった。

[TOSHI-LOW(BRAHMAN)]
実はライブ前、彼の身に大変なことが起こっていた。
新幹線が3時間遅延して会場到着が観客の入場時間過ぎてからという。
なんともぎりぎり。
でも、そんなこと全く彼には関係ないですね。
彼の歌う憂歌団の「胸が痛い」。
見事な弾き語りを聴かせてくれた。
最後はCHABOさんとコラボ。
チャボさんからのリクエストで「朝焼けの歌」。
チャボさん絶賛のこの歌。
曲も素晴らしいが、とにかく歌詞がいい!と。
この歌、俺が書きたかった。とまで言ってた。
震災から復興する町で働く人々の姿を、静かに、でも、力強く歌いあげる。
想いのこもったコラボだった。


[泉谷しげる]
「お前ら手拍子なんかするんじゃねー!」と、いつもながらの悪態をつきながらも、ギターをかき鳴らしながら歌い始めたのは「春夏秋冬」。
「声に出さなくてもいい。お前ら自身のためにお前ら自身に向けて歌え。」
静かに熱いサビの合唱。
何度聴いても、何度歌っても、心に響く歌。

この後、夏木マリさんとコラボ。
「ヨイトマケの唄」
One of LoveプロジェクトGIGに相応しい選曲。
これは、とにかく歌を聴いてくれ、と。
だから、ギターのラインはつないでない、と。
2人の強烈な個性と感情が渦を巻き、母と子の想いが描き出される。
圧巻のステージ!


[フラワーカンパニーズ]
このGIG初登場のフラカン。
さすがに緊張の面持ちのメンバー。
とはいえ、フラカンはフラカンだった。
気負うことなく、背伸びすることもなく、ギミックを足したり引いたりもせず、いつものフラカンだった。
「はぐれ者賛歌」「ロックンロール」とミドルテンポのナンバーを続けていく。
自然発生的にお客さんも立ち上がり、先ほどまでの圧倒された緊張感から解放されて、リラックスして楽しむ雰囲気に。
メンバーもステージに上がった直後は緊張していたようだけど、一度音を鳴らせば、デカイ会場ならではの音の鳴りの良さに身をゆだねているようで、気持ち良さそう演奏してましたね。

最後はマリさんとコラボ。
実はマリさんフラカンの大ファン。
自身のライブでも、以前フラカンとコラボした時もこの曲を歌ってくれた。
そして、この日もやはりこの曲。
「深夜高速」
マリ姐さんの歌う深夜高速は、でっかくてあったかい。
サビの部分では、主旋律を歌うマリさんに対してハモリを入れる圭介氏。
普段のフラカンライブでは聴けないからね、ハモリ入りの深夜高速。
そうそう、後ほど登場のCHABOさんも褒めてくれたね。
「フラカンの深夜高速。ホント、いい歌だよね。」って。


[夏木マリ]
「虹のプロローグ」では、ichiroさんとCHABOさん、2人のギタリストを従えて歌ってくれた。
女性らしい優しさと力強さ。
やっぱり彼女の歌声は素敵。

[仲井戸"CHABO"麗市]
「フラカンがロックンロールを歌ってくれたから、俺にも歌わせてくれ。ビートルズが武道館でやった1曲目。」
そう言って歌ってくれたのは、ロックンロールの神様チャック・ベリーの「ロックンロール・ミュージック」。
会場がこの日1番の盛り上がりを見せたあとは、6月にしか聴けないこの曲「夏に続く午後」。
ロックンロールに出会ったあの日から今も続いている。。。
そして、これからも。。。
そんな想いがずーっと広がっていきました。


最後は出演者全員によるこのプロジェクトのテーマソング「One of Love」にて大団円。


バラとチョコと素敵な音楽があって、私はホントに幸せ者です。
ありがとう、One of Love。
本当に素敵な時間でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.6.16 THE COLLECTORS@柏... | トップ | 2017.7.2 フラワーカンパニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL