ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2016.1.5 エレファントカシマシ@東京国際フォーラム ホールA

2016-01-05 23:04:00 | 日記

今日もこれ!
2016.1.5
エレファントカシマシ@東京国際フォーラム ホールA

エレカシ新春公演2日目。
高揚感のかたまり。
このテンションを残しておきたいので、帰りの電車の中で思いのまま呟いた(というか心の中で叫んだ)ままにお届け。

今日も今日とて3時間。
衰えを知らぬエレファントカシマシ。
個人的意見。
"おいらのエレカシが戻ってきた"のを実感。
迷い悩みつつも自身を信じて走ってきて、更なる高みに上った感あり。
いやぁ、カッコよすぎた!
"東京国際フォーラム!また来年!"by.宮本氏

初日と本編はセトリ変わらず。
アンコールだけ少しいじってきたね。
セトリ変わらんのに印象が変わって感じるのは、ライブならではですなぁ。

あ~、エレカシ大阪最終日行きたいなぁ。
ムダに2連休とかなぁ。
あんなライブ見せられたら行きたくなるじゃんねぇ。
新譜「RAINBOW」の曲たちをライブでガッツリ聴けるのこれで多分最後だもんな。
新譜がよかっただけにね。
もっとツアー行けばよかったよ。
あ~、全然聴きたりねぇ。

宮本氏も自画自賛してたけど、"エレファントカシマシはホールが似合う!"

完全に覚醒させられた。
エレカシに覚醒させられるの5度目だ。
これはきている。
ビシバシきている。

初めて覚醒したのが1988年にレコ屋の視聴器で聴いた「ファイティングマン」。
2度目が1989年の初エレカシライブ@野音。
3度目が1995年の下北沢シェルターでの「悲しみの果て」。
4度目が2007年の渋谷AXでの発売前の「桜の花、舞い上がる道を」。
そして、5度目が今回の新春ライブでの「RAINBOW」。
途中何度もモヤモヤしつつも。
覚醒させられるたびに離れられなくなる。
今回のは特にヤバい!
エレカシ、恐るべし。

ライブハウスで悶々としていた時も今も根底は変わらず。
曲調も歌詞もサウンドも流行りものとは似ても似つかず。
アプローチを変えてきたとはいえ、あれだけのホールが2日間とも満員御礼。
いいものはいい!って証明されていく感じをステージ上と共感できたのが嬉しい。
エレファントカシマシ、天晴れ!

セトリ

第1部は昨日と同様
第2部 昨日:未来の生命体→今日:ドビッシャー男

アンコール
俺たちの明日
友達がいるのさ
風に吹かれて
花男

ライブ前に腹ごしらえ。エレカシ印度化計画?(笑)

緊張をほぐすお薬

昨日とは逆アングルで。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.1.4 エレファントカシマ... | トップ | 2016.1.7 浜田省吾@東京国際... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL