ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2012.10.27 斎藤ジョニー @shibuya eggman

2012-10-27 23:23:28 | 日記

2012.10.27
斎藤ジョニー
JOHNNY'S ROOM #010 rpecial
~1st Anniversary!!! ONE MAN LIVE in TOKYO~ @shibuya eggman

齊藤ジョニーくんはアラバキで観て以来、ワンマン行きたいなぁと思ってた訳で。
今からワクワクするなぁ。
また、カバー曲やるかな?
アラバキでは、バグルスの「レディオスターの悲劇」を演ってくれたっけ。

齊藤ジョニーくんのワンマンライブ!
楽しかったー!
彼の紡ぎだす音はハッピーな音ばかり。
外は寒いけど心はほっこり(^.^)

彼、誕生日だったらしく、みんなでHappyBirthdayを歌ってお祝い。
ケーキも登場して、ハッピーな空間がよりハッピーに♪

齊藤ジョニーくんのしゃべり方が、穏やかな時の尾崎豊に似てるなぁ。。。
なんて感じたのは私だけ…ですね。
そうですね。
はい。。。

アコギにエレキにバンジョーを抱え歌う彼。
そして、フィドルにマンドリンにウッドベースにパーカッションと多彩で多才なバンド陣営。
ポップス、フォーク、ソフトロックにハードなロック。
時に真骨頂であるカントリーと、次から次へと流れていく音像は、まるでオモチャ箱のよう。

サポートパーカッション&ドラムでマイケル河合氏が参加。
ユニコーンの楽曲で何曲か叩いているけど、ライブでマイケルさんのドラムを聴いたのは初めて。
彼のドラムは職人気質ですね。

聴きたかったバグルスの「レディオスターの悲劇」のカバー。
アンコールでやってくれました。
ポップ&カントリーなアレンジが最高!

ライブ後、出口に立ってお客さんの1人1人と握手を交わし、話を交わし、見送ってくれました。
その時の彼の最高の笑顔が今夜のワンマンライブの全てを物語っていたんじゃないかな。
素敵な夜とブルーグラスをありがとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012.10.22 PAUL WELLER JAPA... | トップ | 2012.11.3 SWEET @新代田FEVER »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL