ライブ徒然日記

音楽のこと、ライブのことを中心に日々を綴っていきます。

2017.6.9 Theピーズ 30周年@日本武道館

2017-06-10 21:55:39 | 日記
2017.6.9
Theピーズ 30周年@日本武道館

カッコよかった!
ただただ、カッコよかった!
カッコつけず、何も飾らず、己の身ひとつ、むきだしの、無骨な情熱を胸に、信じるものを、誇らしげに掲げる姿…。
ただただ、カッコよかった!


ライブ初っぱなに流れる映像を見ながら、ちょっとウルッときたものの…、、、
ヒゲダンスで登場したもんだから爆笑して涙出た(笑)
さらに、ステージ後方の「Theピーズ」電飾が虹色にキラキラし始めた時には、膝から崩れ落ちそうだった(笑)
ピーズらしかったりピーズらしくなかったり、、、
感慨に耽りそうだった気分を初っぱなから吹き飛ばしてくれた。
そうだ、なんてったってピーズだ。
感慨に耽っていては、置いてきぼり喰らうぞ。

と、気合い入れ直していたら、ハルさんが「30周年だから30曲やる!」って言って、まさかと思ったらほんとにやった。
しかも、5曲おまけ付き。

ピーズとの出会いは、世代的にやっぱり「バカになったのに」。
あの頃けっこう流行ってた。
あれから30年。
長い…。長いよ。
こちらも、くっついたり、ちょっと離れたりしながらなんやかんやと30年。
ハルさん「こんだけ楽しいこといっぱいあったから俺はもう大丈夫だ」
こんなふうに言えるなんてね。
なんか安心した。

そして、ハルさんのこの一言。
「みなさん生きのびてくれてありがとう! それだけだ!」
これに尽きる。

それにしても、ハルさんアビさんが心の底から楽しそうで、初めて楽器を持ったギター少年のようなはしゃぎよう。
それを、優しい眼差しで見守るシンちゃん。
この日の武道館は、始めから終わりまで、ずーっとこんな光景が続いていた。


そして、特筆すべきは、この日の武道館の音響!
めちゃくちゃ音の鳴りがよかった!
通常なら左右に一つずつ吊るすスピーカーを、この日は、ドカーンと1本センターに!
このモノクロ効果がよかった。
2階席の後ろでも、アビさんのギターの音が埋もれず、すぐそこで鳴ってるかのように、クリアに聴こえた。
アビさんお手製アンプと西やん特製スピーカー。
この二つは、この日の武道館の立役者!

そんなMr.真空管ことアビさんのギター。
ホントにすごかった。
ライブ全体を通じてグッとくる場面は幾度も訪れたけど、「真空管」で号泣。
猫背で無心にギターをかき鳴らすアビさんに号泣。
2010年のAC/DCのライブで、アンガス・ヤングが20分にも及ぶギターソロを延々と弾いていた時みたいに号泣。
泣きのフレーズなんて一切ないのに。
メロウなソロなんて一切ないのに。
人は、めちゃくちゃカッコいいモンを見聞きすると号泣する生き物なのだな。
ホントに、ほんとうに、頭ん中真っ白になるくらいカッコよかった!

そんなアビさん。
「ピーズの音楽がお客さんの血のなかに沁みこんで、ドクドクドクドク全身駆けめぐって、骨んなって、肉んなって。
明日ももうちょっとだけ生きのばしてみるかって思ってくれたらうれしい!」
一度離れてしまったからこその、アビさんのピーズへの深い愛情と強い思いに感動。


全てが終わり、ライブ後の客出しSEが流れてる中、メンバー3人がステージ前に出てきてローリング・ストーンズみたいに繋いだ手を高く掲げる……
かと思ったら、なんかグダグダになって、そのまま3人が手を取り合って、円になって、ぐるぐるぐるぐる回ってたのが、ピーズらしくてね。
最後まで、ピーズらしくてね。

客出しSEの「好きなコはできた」が流れる中、メンバーがはけても最後までみんなで大合唱!
ホントにいい光景だったね。

Theピーズ 30周年 日本武道館
ホントにホントにおめでとう!
そして、これからもよろしく!


↓いただきもののセトリ






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.6.8 STING@日本武道館 | トップ | 2017.6.16 THE COLLECTORS@柏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL