トミーのつれづれ日記(NEW)

ラグビーと酒をこよなく愛する中年(老人?)トミーの「自由きままに生きる」ことを信条に、日常のブログです。

度重なる訃報

2017-07-27 08:40:54 | 日記

7/26は会社同期の友人とのゴルフであ

った。終了したのは14時頃であったが、

帰り支度をしている時に携帯が鳴った。

石川県ラグビー協会のS副会長からで

あった。「訃報です」との一言から始

まった内容は、同じ副会長のYさんが

亡くなったとの事であった。昨日入院

したが、その翌日の今日急逝されたと

の事であった。病気は肺がんであった

ことは2週間前に聞いていたが、6/10

に東京三洋OBとの交流戦で試合に出

場したが、その時点で息苦しさを覚え、

病院に行ったら「肺がんのステージⅣ」

だと宣告されたと、奥さんを通じての

情報があった。最近は医者は本人にも

直接告知するので、本人のショックは

大変なものであったろうと思う。

この人は完全なラグビー狂であった。

シニアラグビーの金惑クラブの創設時

からのメンバで、会長も務めた人であ

った。ラグビーのスキルは優れ、その

タックル等は素晴らしいものがあった。

私は結構可愛がってもらった。白山市

のラグビー協会の会長としても貢献され、

本当にラグビーを愛していた。

石川県のラグビー協会には、私を含め5

人の副会長がいた。しかし、昨年H副

会長がアパートで孤独死し、今回また

ガンで失うことになった。

一方で昨年福惑クラブに所属する元会

社ラグビーOBの先輩が同じ肺がんで急

逝した。シニアラグビーの試合で対戦

してから、約一か月後の出来事であっ

た。試合途中で息苦しさを覚え病院に

行ったら、末期の肺がんであった。

その2週間後に亡くなったが、今回の

副会長と同じ経緯であった。

肺は人間にとって重要な臓器だ。体中

に酸素を供給する役目だが、酸素が脳

に供給されないと、身体中の臓器は機

能不全になるという。いわゆる多臓器

不全である。老人の臨終でもほとんど

が肺炎併発が原因であるという。

つい最近までそこに元気でいた親しい

人が突然いなくなること、家族の方に

とっても大きなショックであるだろう。

この前Yさんから痛風がでて困ってい

るという相談があった。その時要因と

して腎臓が弱ると発症するので、一度

精密検査するようにアドバイスしたこ

とがあった。その時「あんたも健康に

気をつけなさい」と諭して?くれた。

そんな思いやりのある先輩の突然の急

逝に際し、悔しさしか覚えない。

大変残念としか言えない訃報であった。

どうか安らかにお眠り下さい。 私たち

はあなたの精神を繋いでいきます。

                                         合掌

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 役者 | トップ | ウーマンパワー? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。